BEAUTY

SUN.06.05
2022

毎日のスキンケアの仕上げに♡
美容ライター新田晃代がハマった
「エステダム」のバームがスゴい!

気温も上がり、冬用のこっくり重めのスキンケアから、軽やかなテクスチャーのものにシフトしました。ベタベタするのは嫌だけど、軽やかすぎるテクスチャーだとつっぱりを感じ、小ジワも目立つ…、どんどんワガママになっていく大人の肌。

この季節のスキンケアは
テクスチャー+機能の両方を重視したい!

どうすればベタベタさせずに、メイクオフするまでつっぱりや乾燥を感じることなく過ごせるのかしら…と試行錯誤した結果、スキンケアの最後に「重軽バランスが絶妙」なバームを塗るのがベストであることを発見しました。

「重軽バランスが絶妙」って、一体どういうテクスチャーなの!? って話ですよね…。肌にのせた瞬間はちょっと重いかな? と感じられるリッチさがあるのに、なじませると決してベタつかないのに程よくしっとり感があり、肌がふっくらと整う…、そんな質感です。

バームというと、保湿力はあるけれどベタついたり、肌にイマイチなじみにくかったり…というものも多いなかで、「重軽バランスが絶妙」なものに出会ったので、共有させていただきますね。

大人の肌の立て直しにピッタリな
高機能バーム

エステダム シクロ プラス バーム 50mL18,700

それがこちら!「エステダム シクロ プラス バーム」です。

「エステダム」は1978年にフランスの薬学博士が設立したスキンケアブランドで、人の手が生み出す「エステティック」と皮膚科学「ダーマトロジー」の融合がブランド名の由来に。フランスのプロフェッショナルサロンの現場から口コミで広がった、美容ツウの間でファンの多いブランドです。

細胞研究に基づき開発された製品は、必要な成分を必要な分量与えることで、外的ストレス耐性を高め、肌が自ら美しくなろうとする機能を正常化。ストレスフルな生活によって弱ってしまった肌を立て直すのに、最適なブランドです。

「シクロ プラス バーム」は、「肌自らのコミュニケーション力」に着目。肌老化の原因のひとつであり、情報伝達をつかさどる役割を果たす、たんぱく質のトンネル「コネクシン」を整え、コミュニケーションをサポート。

塗布後は、内側から滲み出るようなハリとツヤが! たまりません♡

使い続けるほどに肌密度を高め、環境ストレスに負けない強い肌に導いてくれます。肌にスッと溶け込むようにのび広がりフィット。ベタつくことなく肌をふっくらと整え、ハリとツヤ感をもたらしてくれます。まさに「重軽バランスが絶妙」なのです。

夜使えば、翌朝洗顔するときのふっくら感に、朝使えば、ファンデのりのいい滑らかな肌にうっとりせずにはいられません。以上、悩みの多いマチュアな肌に、過去イチおすすめしたいバームのご紹介でした。

エステダムの公式サイトはコチラ

TEXTAKIYO NITTA

Pickup

Weekly ranking