BEAUTY

SAT.10.16
2021

神崎 恵が指南。
フューシャピンクをセンシュアルに、
大人のワントーンメイク

「今は自分が楽しむためにメイクする時代」と断言する神崎さんに、ミューズ読者のためのデイリーな洒落顔メイクについて教えていただきました! 今回はピンクのリップを主役に、ピンクのワントーンでまとめたセンシュアルな表情。ボーダー&紺ブレに、無造作ヘアでバランスをとって。

ピンクにしか表現できない
大人の強さと美しさがあると思う

ジャケット¥107,800(エブール/エブール GINZA SIX店)、ボーダートップス¥9,790、デニム¥18,000(共にノーク バイ ライン/ノーク)、イヤリング¥3,150(アビステ)

「リップにポイントを置いたピンクのワントーンメイク。本当に、大人こそピンクを使おう! って叫びたいです(笑)。ピンクって、若さや可愛らしさを連想しやすいですが、実は大人の強さを表現できる色。コツはパキッとした大胆な色を選ぶこと。このルックでは、5回重ねて少しオーバーリップにしています。かつての赤リップのように、ポイントで堂々ときかせるとかっこいい」(神崎さん)

EYE

左から:大人の目元に複雑な影を落とすブラウン。細いラインも楽々。インディストラクティブルアイライナー 02 VOLCANIC VIKING ¥3,850THREE)、肌から静かに湧き上がるような血色感。ルナソル グロウブラッシュ EX01 Rose&Taupe ¥6,820(カネボウ化粧品・限定品)

HOW TO MAKE-UP
右のパレットの左側のローズカラーをアイホールに伸ばす。ブラウンのアイライナーでアイラインを描き引き締める。目尻はややはね上げてセンシュアリティをプラス。マスカラもブラウンでまとめて。

EYEBROW

眉にふわっとピンクニュアンスを。ニュアンスブロウパレット 02 rose pink shade ¥3,520(ジルスチュアート ビューティ)

HOW TO MAKE-UP
パレットの右2色をブレンドし、ブラシで下から上に向かって描く。

CHEEK

ルナソル グロウブラッシュ EX01 Rose&Taupe ¥6,820(カネボウ化粧品・限定品)

HOW TO MAKE-UP
目元に使ったパレットの左側のローズカラーを頰に広めに伸ばす。さらにあご先へものせて、全体に血色感をプラスしながらスキントーンに統一感を。

LIP

光を集めるふんわりマットな仕上がり、贅沢な発色、うるおいが持続する軽やかさ。アイコニックなフューシャピンクを最旬の質感で楽しめる。ルージュアレーブル マット 118 ¥6,600(クレ・ド・ポー ボーテ)

「大人の女性は懐かしさを感じるかもしれない、ハッとする印象の青みピンクリップ。これが回り回って今また新鮮なんです。質感や発色がアップグレードされているから、ちゃんと今っぽいヌケ感のある表情が作れます。フェミニンなスタイルより、デニムやボーダーなどのカジュアルなルックや、ハンサムなセットアップに合わせたい」(神崎さん)

HOW TO MAKE-UP
直塗りしてからブラシで輪郭を取り、ティッシュオフ。これを5回繰り返して唇にカラーを定着させる。

「秋の大本命、ピスタチオカラーで作るベーシックな洒落顔メイク」はコチラ 「れんが色のマスカラで作る最旬ヌーディメイク」はコチラ

model:MEGUMI KANZAKI / photograph:MOTOFUMI SANNOMIYA[TRIVAL]
/ styling:YASUKO ISHIZEKI / hair:DAI MICHISHITA[Sun and Soil] / make-up:AIKO ONO / text:AYANA / web edit:ANNA TOGASHI

otonaMUSE2021
11月号より

Pickup

Weekly ranking