BEAUTY

FRI.07.08
2022

【ヘアメイクだってY2K
スーパーストレートにヌーディリップetc.
懐かしきヘアメイクがカムバック!

さて、シリーズでお届けしている「Y2Kってなんぞや」特集。前回は誌面でも人気の高かったルックとともにオトナでも取り入れやすいY2Kなアイテムををご紹介しましたが、いろいろなブランドやSNS等をリサーチした結果、あることに気付きまして。そう、ヘアスタイルやメイクのトレンドにも2000年代初頭のムードが反映されていのです。

え?Y2Kって?という方はこちらをチェック

当時流行っていたヘアスタイルといえば、スーパーロングなストレートや太めに入れたハイライト、ローツイン、バンダナアレンジ。メイクだと、囲み目やブルーシャドウ、派手なネイルやヌーディ・グロッシーリップ……。オトナミューズ世代の皆さまは青春時代の甘酸っぱい記憶とともに蘇ってくるものばかりではないでしょうか? 私編集Sも懐かしさのあまり、友人と写真をつまみに深夜までY2Kトークを繰り広げる事態に。

オトナが取り入れるのにはちょっとだけ勇気が必要なY2Kのトレンドですが、じわじわと「ありかも……?」という気分が盛り上がってきました! そこで今回は、Y2Kなムードをヘアメイクに上手に取り入れているセレブリティたちのインスタグラムをご紹介します。

SUPER LONG STRAIGHT

ジェニーさまは、スーパーロングストレートヘアにY2Kなクロップトップ×ミニスカ。アムラーがフラッシュバックするのは私だけではないはず。今年の夏はビビッドなピンクも着たい気分。

ロングはストレートだけではなく、こんなシャギーがはいったスタイルも流行っていましたよね。

POWERFUL EYE

ヌーディリップにスカルプネイルは懐かしさしかありません。実用性を無視したロングネイルもギャルみがあって可愛い。

渡辺直美さんも実践していた眉毛の脱色はトレンドのようですが、未だに尻込みしてできず…… 夏のうちに一度はトライしてみたいと思っております。粘膜にアイラインはもう引けないけれど、ケンダルのようにまつ毛にフォーカスしたメイクならトライしやすいかも。

And more...

母に絶対ダメ!と言ってさせてくれなかった細眉に、ずっと憧れていました。MAMAMOOのファサの整えられた眉は、当時憧れだった先輩を思い出させる細さ。

バンダナやスカーフアレンジも流行っていましたよね。大きめのフープピアスだとトゥーマッチになるから、小ぶりなものと合わせてトライしてみたい。

otona MUSE S

Pickup

Weekly ranking