BEAUTY

オトナミューズ2022年
上半期ベストコスメを発表!
【日焼け止め部門】

長く暗いトンネルに光が差し込み始めたような2022年上半期、ビューティ界を包み込んだのが、明るく力強くポジティブなムード。ベストコスメとして名を連ねているアイテムは全て、この流れを牽引してきた、紛うことなきスーパーヒーロー! ミューズたちの美も心も動かして、毎日をまばゆいほどに照らします。
【チーク&ハイライト、パウダー&コンシーラー部門】はこちら

【日焼け止め部門】

【使用コスメ】SUNSCREEN:カネボウ ヴェイル オブ デイ SPF50・PA+++ 40g ¥5,500(カネボウインターナショナルDiv.)、デニムパンツ¥24,200(バウム・ウンド・ヘルガーデン/S&T)、人差し指リング¥36,300(モダン ウィーヴィング/ショールーム セッション)、薬指リング¥29,700、イヤーカフ¥14,300(共にルフェール/ワームス ルミネ新宿店)、トップスはスタイリスト私物

【日焼け止め部門 第3位】
Amplitude
フェイスプロテクター

こだわったのは、白さや厚さに無縁の“透き通る感”。数種の極薄UVカットフィルターを丁寧に重ねることに突破口を見出し、澄み切った肌印象も強力な紫外線防御力も実現。 「カラーレスなのに肌がキレイに見える仕上がりに驚き! 後肌がサラッと軽やかで心地いいです」(ヘアメイクアップアーティスト・AYAさん) 「私が知る限りNo.1の薄膜感。ファンデの下に仕込むと肌の透明感も5割増し」(ビューティエディター・堀江ちひろさん)

Amplitude フェイスプロテクター SPF50+・PA++++ 50g ¥4,950(アンプリチュード)

【日焼け止め部門 第2位】
HAKU
薬用 日中美白美容液

紫外線防御最高値を誇りながら、資生堂が誇る先端技術を応用して、日中ならではの美白ケアまで可能に。光を浴びる時間も味方につける隙のない攻めアプローチが圧巻。 「下地かなって思うくらいのトーンアップ効果。ライトなメイク感が超好み♡」(ヘアメイクアップアーティスト・中山友恵さん) 「使い続けて1カ月ほどで、メイクオフ後の肌が明るくなった!? との肌変化をキャッチ」(ビューティエディター・新田晃代さん)

HAKU 薬用 日中美白美容液 [医薬部外品] SPF50+・PA++++ 45mL ¥5,280(資生堂)

【日焼け止め部門 第1位】
KANEBO
ヴェイル オブ デイ

SPF50を誇るUVケアアイテムも飛躍を遂げた今期。頂点に輝いたのは、「約10年かけて開発しました」(PR・星野由紀さん)という並々ならぬ情熱を注いだKANEBO。日中の肌を継続補水して夕方まで潤いで満たし、みずみずしい使い心地まで実現。乾きがちな大人肌の希望になる1本。 「水分たっぷりの使用感で、日焼け止め効果があることを忘れてしまう!」(メイクアップアーティスト・AIKO ONOさん) 「美容液なのにUVカットもして下地にもOK。時短メイクにも重宝」(ヘアメイクアップアーティスト・沼田真実さん) 「ブラインドテストで美容液と言われても完全に信じる心酔テクスチャー。メイクを落とす瞬間まで肌がうるおってるで賞」(ビューティライター・AYANAさん)

KANEBO ヴェイル オブ デイ SPF50・PA+++ 40g ¥5,500(カネボウインターナショナルDiv.)

いかがでしたか? 次回はクレンジング・洗顔部門の受賞コスメをご紹介します。お楽しみに♡

photograph:YASUTOMO SAMPEI(model),KAZUKI TAKAHASHI[KONDO STUDIO](still) / styling:CHIAKI FURUTA / hair&make-up:TOMOE NAKAYAMA / model:YU HIRUKAWA / text:AKIKO NISHIMURA

otonaMUSE 2022年8月号より

BEAUTY TOP

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE