BEAUTY

MON.07.25
2022

オトナミューズ2022
上半期ベストコスメを発表!
【美容液部門】

長く暗いトンネルに光が差し込み始めたような2022年上半期、ビューティ界を包み込んだのが、明るく力強くポジティブなムード。ベストコスメとして名を連ねているアイテムは全て、この流れを牽引してきた、紛うことなきスーパーヒーロー! ミューズたちの美も心も動かして、毎日をまばゆいほどに照らします。

【化粧水部門】はこちら

【美容液部門】

【美容液部門 3位】
LANC
ÔME
レネルジー HCF トリプルセラム

かつては不可能とされていた美肌成分を組み合わせた、先駆的フォーミュラに称賛の嵐。複合的なエイジングサインにアタックし、引き締まったハリ肌だってもう夢じゃない!

「すっきり見えるほどのこのハリ感、一度体験したら忘れられない!」(ヘアメイクアップアーティスト・河北裕介さん) 

「次から次と生まれる美容液の中で、『どれがオススメ?』と聞かれたら迷わずこれを推します」(ビューティライター・谷口絵美さん)

LANCÔME レネルジー HCF トリプルセラム 50mL ¥23,100(ランコム)

【美容液部門 2位】
POLA
ホワイトショット SXS

ポーラが挑んだのは、何をしても消えない&何度も繰り返す、しつこい不屈シミ。こっくりとしたクリーム美容液がピタッ! とステイして、冴え渡る透明肌へとアプローチ。

「大信頼のホワイトショットはやっぱりすごい。新参者のシミが出たか、と思っていたらどこかに消えてしまった!」(ビューティジャーナリスト・鵜飼香子さん)

「こっくりとしたテクスチャーで、肌に密着する感じが使いやすいです」(オトナミューズ編集部・編集H

POLA ホワイトショット SXS[医薬部外品] 20g ¥13,200(ポーラ)

【美容期部門 1位】
cl
é de peau BEAUTÉ
セラムエクラS

高機能な全方位ケア、という新時代に足を踏み入れた美容液部門。強豪を制したのが、ベスコス常連のクレ・ド・ポー。後成遺伝学に着想を得て開発したブライトニング美容液でありながら、「本格エイジングケアもお任せください!」(マーケティング・長 真理子さん)という頼もしさ。

「使えば使うほどに水分がぐんぐん自分のものになるよう。肌が安定して心も豊かに」(ヘアメイクアップアーティスト・猪股真衣子さん) 

「肌トーンが明るくなるし、ツヤも出て潤う。トータルなバランス力がお見事」(メイクアップアーティスト・AIKO ONOさん) 

「香りにロイヤル感があって、肌を愛でている感覚に浸れる!」(ビューティエディター・石橋里奈さん)

clé de peau BEAUTÉ セラムエクラS[医薬部外品]40mL ¥35,200(クレ・ド・ポー ボーテ)

いかがでしたか? 次回は乳液&クリーム部門の受賞コスメをご紹介します。お楽しみに♡

photograph:KAZUKI TAKAHASHI[KONDO STUDIO] / text:AKIKO NISHIMURA

otonaMUSE 2022
8月号より

Pickup

Weekly ranking