BEAUTY

TUE.08.16
2022

【インナービューティ】
8
月のマンスリーベストは、
感動レベルの青汁「べジホリック」

otona MUSE編集部員が月替わりで「インナービューティアイテム」を選びオススメする連載の第3回目。8月は、食生活が乱れたときの強い味方的存在となっているアイテムを編集Hがセレクトしました。

毎朝の青汁習慣で
お肌も腸も健康に!

べジホリック 3g×32 4,290(ミューキー)

子どもの体調不良が長引き、自分の食事は二の次になっていたある日、敬愛するビューティライターの方からオススメしてもらったのがこちら。よくないなとは頭ではわかっていながらも、カップラーメンやデリバリーに頼らざるを得ないときもあるのが現実で、でもそれが続くとやっぱりお肌にもからだにも不調を感じたりするわけです……。さすがに何とかしなければと、毎朝欠かさずこの青汁だけは飲むように。するとどうでしょう、何だか嘘みたいに調子がいい(笑)! とくにあごまわりにできる憎き吹き出ものが少し改善された気が。

 

こちらの青汁には、不足しがちな栄養が濃縮されていて、乳酸菌と食物繊維をバランスよくMIX。しかも九州の契約農家が作る、有機大麦若葉、有機ケールをたっぷり使用するなど、国産有機という素材にとことんこだわって作られているんだそう。また、生きて腸に届く有胞子乳酸菌と吸収性に優れたナノ型乳酸菌をプラス。さらには、スーパーフードの王様といわれ、クロロフィルB、カロチンや鉄などの栄養を含むスピルリナ、スッキリ作用でからだを内側からキレイにしてくれるブロッコリースプラウト、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているクロレラが配合されています。私の場合、便秘に悩んでいるわけではないのですが、結果的に腸内環境を整えてくれるのは大変有り難い!

青汁を飲んだのは随分と久しぶりだったのですが、『え、こんなに美味しいの!?』とちょっとびっくりしました。飲みにくさのようなものは一切なく、むしろお茶のようにゴクゴク飲めちゃうという。野菜が苦手な人や子どもでも、これなら飲めるじゃないかと! あと、シェイカーなどを使わずともサッと水に溶けるところも面倒くさがりやな私にとってポイント高いです。

そんなわけで、とってもお世話になっているこちらの青汁。ちょっと感動レベルなのでぜひ。

べジホリックのサイトはこちら! 7月のマンスリーベスコスはこちら

otona MUSE H

Pickup

Weekly ranking