BEAUTY

SUN.09.11
2022

創刊からの美容担当Aが選ぶ、9月の「超私的」ベストコスメ【デンキバリブラシ®は未来への投資です】

「オトナミューズがブームの火付け役」だと勝手に自負している、高級小型美容家電のレジェンド“デンキバリブラシ®”。むくんだ顔がキュッと上がる! 髪が元気になる! と約20万円という金額ながら、俳優やモデル、そしてヘアメイクさんがこぞって愛用されていますが、実は今年パワーアップしていたの、ご存知でしたか? 数回試したことはあったものの、なかなか手を出せなかったデンキバリブラシ®様が遂に、我が家にやってきたのですが……美容家電というより、もうコレは“健康家電”!

頭皮からからだまで
心地よい刺激で解きほぐされて、
心身共に健やかに!?

右が前モデルのデンキバリブラシ®、左がボディ用のアタッチメントがついた新しい機器デンキバリブラシ®2.0+ボディ。より握りやすく、使いやすい設計に。

まず、デンキバリブラシ®って何?という人もいらっしゃると思うので説明をしておきますと……

ピンヘッドの先端から電気刺激を発するブラシ型の低周波モバイル美容機器。発する低周波が、手技などでは届きにくい皮膚直下の浅い部分に細やかな刺激を与え(美容針をイメージしていただけると分かりやすいかと)、血行やリンパの巡りを良好にしてコリをほぐし、肌質アップの効果までも期待できるという優れもの。特に顔と1枚の皮で繋がっている頭皮は、"立毛筋"という自身の意思では動かせない、意識的にケアする必要のある筋肉に刺激を加わることができるため、フェイスラインの引き上げに繋がったり、毛髪の立ち上がりなどに期待ができるのだそうです。

そんなデンキバリブラシ、今年2月に発売された新型は、より全身のケアがしやすいボディ用のアタッチメントが付き、目的や好みによってケアの幅広がる3つのモード(ボディ用は2つのモード)と5段階の強度調整ができるように。ブラシのピンもそれぞれに工夫がなされ、フェイス用は少し硬くなり、より肌や頭皮に当てやすくなりました。

元々、そこまで顔の弛みが目立つ方ではなかったのですが、40歳を超えてからホウレイ線はくっきりし、髪がペシャっとしはじめ(涙)、本気で何とかしないとなぁと思っていたところに新モデルの発売が! 特に今回の新モデルは、美容ライターさんが「やっぱり買おうと思っている」「遂に買いました!」と口を揃えて言っているはありませんか……。もう、手に入れない理由はございません。とはいえ、どんなに高価なものでも継続しなければ意味なし。ということで、朝晩のルーティーンに組み込んでケアをし始めました。

初回購入で同梱されている、デンキバリブラシローションを塗布してから使用スタート。このローションも、実はスゴイ!

起床したら、今まではソファーに座ってテレビをつけてボーッとしていた時間にデンキバリブラシ®タイムを組み込むことに。 デンキバリブラシ®の微弱な電流を流しやすくしてくれる、ミスト状のローションをシュシュッと頭皮や顔にスプレーしてスタート。ついつい顔から当てたくなりますが、まずは頭皮から。ピリピリする美容針のような刺激を顔回りの側頭部から当てていきます。頭全体を制覇して首や肩まであてると、寝起きはガチガチだった首が回りやすくなり、目も見開くようになるから本当に不思議。正直、見た目に変わった! という劇的な変化があるわけではないのですが(とはいえフェイスラインは多少スッキリします)、自分自身の心地よさの実感がスゴイんです。「あースッキリした」と呟いて、洗顔しにいく……という流れ。

夜の入浴後は、髪を軽くタオルドライした状態でブラシをピリピリあて、ボディ用のアタッチメントに付け替えて膝裏や腰にあてると翌朝の疲労回復の度合いがかなり違います。眠る前に頭の後ろにあてておくと、自律神経の乱れが整えられるのか、眠りが深くなる気も。

なぜ、モデルやヘアメイクさんは飽きもせずこんなに使い続けるのだろうと思ってはいたものの、金額が金額なため、なかなか手に入れるまで重い腰を上げられなかったデンキバリブラシ®。実際に1カ月以上使用して最も驚いているのが、髪が元気になってきた気がすること。どんなに顔のケアを頑張っても、やはりフワッと髪が元気なことは見た目年齢に大きく影響するもの。一時的ではなく、継続使用することで得られる効果実感が、投資する価値ありだと1番に思ったポイントです。

一度買ったら、メンテナンスをしっかりすれば一生もの。エステやマッサージに通う回数を考えたら……、家族でシェアして使用できることを考えたら……。

美容機器だけでなく、健康機器として、これからもお世話になります!

デンキバリブラシ® 2.0 +ボディ 217,800
同梱物:デンキバリブラシ®︎2.0 本体、フェイス アタッチメント、ボディ アタッチメント、デンキバリブラシ ローション 200mL、専用充電ケーブルセット、取扱説明書

デンキバリブラシ®公式サイト

otona MUSE A

Pickup

Weekly ranking