BEAUTY

SUN.10.17
2021

アイメイクはプチプラ“が”イイ!

マスク生活がデフォルトになって、アイメイクの重要性をヒシヒシと感じる今日この頃。

職業柄、たくさんのコスメを試す機会はありますが、黒や茶のマスカラやアイラインといった、目元の“縁の下の力持ち”的なアイテムは、プチプラブランドに絶大な信頼を寄せています。

そこで、今のスタメンアイテムをご紹介。お値段以上の仕事をしてくれる優秀な子たちばかりです!

やっぱり、センセイは
分かっていらっしゃる!

上から:&be リキッドアイライナー ブラウン 1,650、同ペンシルアイライナー ブラウン 1,980(共にClue

超人気ヘアメイクアップアーティスト、河北裕介さんがプロデュースするライフスタイルブランド「&be」のリキッド&ペンシルアイライナーです。ちなみにこちら、どちらもリピート4本目‼

リキッドは、まつ毛の隙間を埋めるのも、目尻を跳ね上げるのも、とにかく自由自在にできる筆が優秀! 色も薄すぎず、濃すぎずの絶妙なカラーが◎。カラーラインを引いて、ちょっとまつ毛の根元が締まらないな…というときの仕上げにも使っています。ペンシルは、こちらも芯の硬さが丁度よく、ほんのり赤みのある茶にパールも入っているのでスッと入れるだけで白目がキレイに見える気がします。

テクニックレスで、キレイに見せてくれる、正に河北さんのメイクを具現化したようなアイテムです。

気分で選べる、最強のブラウントリオ

ヴィセ リシェ ブラウンズ クリーミィペンシル 上から:BR304 ミルクブラウン、BR302 ピンクブラウン、BR301 アーモンドブラウン 各¥1,045※編集部調べ(全てコーセー)

今年の春に発売された、“ブラウンズ”という名前の通り6色のニュアンス違いのブラウンが揃うアイライナー。こんなに細分化できるの!? と驚くほど、ピンクやグレー、黄みといったニュアンス違いのブラウンが揃います。全色愛用していますが、特にお気に入りがこの3本。ミルクブラウンは下まつ毛のキワを埋めるときに、ピンクブラウンでほんのり目元に血色を、アーモンドは締め色にピッタリ。

とろけるような描きやすい芯も、値段以上のクオリティ!

痒いところに手が届く、
プロも絶賛のプチプラの王者

右から:ケイト 3DアイブロウカラーN BR-1 935※編集部調べ、同スーパーシャープライナーペンシル BR-2 1,210※編集部調べ・11/1発売(共にカネボウ化粧品)

知らない人は……いないでしょう。プチプラコスメの王者的存在、ケイトはやはり外せません。

眉マスカラは、しっかり発色して眉の色をカラーリングしてくれつつ、地肌につきにくく、毛流れのキープ力も! そして税込み¥1,000以下! はい、最強です。アイラインはすでに発売されているものですが、来月発売になるこの新色のブラウンがイイ。アーモンド形の楕円芯なので、面の部分を使えば粘膜にも楽々安定して描け、角を使えば繊細な跳ね上げも自在。この新色は、一見ブラックですが目元に入れるとしっかり茶色。まつ毛キワにラインをスッと入れるだけで、あら不思議。目力がググッと自然にアップします。

長さも、ボリュームも、ケアも。
新生ファシオに♡

右から時計まわり:ファシオ パーマネントカール ケア マスカラ 1,320※編集部調べ、同パーマネントカールマスカラ F (ロング)0102 各¥1,320※編集部調べ、同パーマネントカール マスカラ ハイブリッド(ロング)¥1,320※編集部調べ・11/16発売、同 パーマネントカール フィクサー F 1,210※編集部調べ(全てコーセー)

最後は、今年大リニューアルをしたファシオ。汗や皮脂に強い耐久性といった機能面の優秀さが際立っていましたが、リニューアル後はそこにトレンド感や心地よさがオン。より日常のメイクに寄り添うブランドにシフトチェンジされました。そのリニューアル時に話題になったのが、なんとマスカラだけで8種もラインナップされたこと(そこに黒と茶のカラバリを加えたら……‼)。どれも液が軽くしなやかなのでまつ毛に絡みやすく、ダマになる心配など皆無。繊細に且つ目元印象を強めてくれ、そしてそしてクレンジングもしやすい! 握りやすさや使いやすさまで考えられた可愛いニュアンスカラーのボトルに、ついつい毎日手が伸びます。

特にオススメなのが、パーマネントカール フィクサー F という、赤茶のマスカラベース。これを仕込むのと仕込まないのとではその後に塗るマスカラの仕上がりが格段に変わります。しなやかに上向きにカチッとキープしてくれるし、キリっとまつ毛を締めてくれる印象。ファッションでいう、ガードルとでも言うのでしょうか。休日は、このベースだけでメイクすることもあるくらい溺愛しています。

マスカラやアイラインは、消耗品。お財布に優しく、でも超デキる相棒を見つけて、毎日のメイク時間を賢く楽しい時間に!

otonaMUSE A

Pickup

Weekly ranking