BEAUTY

SAT.10.23
2021

美容エディターが推す
「韓国 おしゃコスメ」

美容を生業にしている美容エディター・ライターは、連日送られてくるこれから世に出る新製品のリリースに目を通し、常にアンテナを張ってトレンドや情報を発信をするスペシャリスト。そんな彼女たちに、いま最も気になる美容情報やアイテムをミューズ読者のために教えてもらう連載の第2回目。

今回はご本人がとてもお洒落&豊富な知識で編集部が絶大な信頼を寄せる美容エディター・堀江ちひろさんに聞く、偏愛韓国コスメをご紹介。

持ってて上がる! 使って癒される
「韓国コスメ」私的ベスト3

Hello はじめましてのMUSE WEB、ビューティエディターの堀江と申します。今年もちょこちょことKビューティ特集を担当させていただく機会がありまして……未上陸モノを含めて掘りに掘った結果、個人的に心奪われた3ブランドをご紹介したいと思います。

①マティエ

マティエ Makeup Book ISSUE 02 ¥7,200

2020年にローンチしたブランドで、“インテリアみたいにアーティなルックスも楽しめる”というのがコンセプト。これはもう~ね、いつでも手元に置いておきたくなる見た目にまず、やられました。

ブック型のボックスを開くと、6色のアイシャドウのほか、チークとリップも2色ずつIN コンパクトなのにものすごい充実ぶりなんです。写真のパレット(ISSUE 02)の場合、アイシャドウ6色中5色はマットなんですが、透け感のあるふんわりした発色で、ちょっと他では叶わないような独特のニュアンスを演出できます。ちなみに同シリーズには他に2作あって、そちらはブラウン系がメインなので、大人のデイリー使いにもさらによいかと思います。

マティエWebサイト

②ビープレーン

ビープレーン 緑豆弱酸性クレンジングフォーム 地球エディション 80ml ¥1,800

すでに完食済みの写真ですみません! このクレンジングがあまりに心地よくて、あっという間に使い切ってしまいました。ビープレーンはこの秋に日本に上陸したニューカマー。ナチュラルな素材、リサイクル可能なパッケージを採用した、韓国でもブームのクリーンビューティブランドです。アンプル(美容液)なんかもイイんですが、それ以上にとにかくクレンジングフォームが素晴らしい!

浄化や毛穴ケア効果が望めるという緑豆エキスを33%も配合。水分をたっぷり抱え込みつつふわっと柔らかく泡立ってくれるおかげで、とにかく肌あたりがいいんです。後肌のしっとり感もやみつきになり、すでに2本目を手配中(無限リピートのループにハマってしまいそう)!

ビープレーンWebサイト

③アビブ

アビブ クリームコーティングマスクトーンアップソリューション 5 ¥3,000、同 弱酸性 pHシートマスク ドクダミ草フィット 10 ¥4,800、同 クリームコーティングマスククーリングソリューション 5 ¥3,000、同 シートマスクドクダミ草ステッカー 10 ¥4,800

こちらは2年くらい前から国内でもじわじわブレイクしてるので、ご存知の方もわりといるかも。“敏感肌でも安心して使える”がテーマの自然派ブランドで、シートマスクのバリエーションにグッときます。写真の左上のマスクから時計回りに紹介すると、

●トーンアップ機能をもったクリームをたっぷり含んでいて、なめらかなテクスチャーで肌をコーティングする快感アリ(上半顔と下半顔でシートが分かれてるためフィット感も上々!)。

●弱酸性で肌への刺激をセーブしながらドクダミエキス(←鎮静効果などで韓国ではかなり注目されてます)を浸透させられる。

●クールな肌あたりで刺激を受けた肌を鎮めたいときに。

●ガムみたいに密着して有効成分をグイグイ入れられる。

といった特徴が。

どれも肌に吸い付く感じがKコスメならでは。エキスの質感はわりと軽やかなので、朝のメイク前なんかにササッと投入するのがオススメです。

アビブWebサイト

profile  堀江ちひろ/ほりえ・ちひろ ビューティエディター。モード誌など主にファッション系の媒体の片隅で、美容や医療トピックの特集を制作。3度のご飯より海外放浪が好きで、コスメもニッチな海外モノに目が無い。

Pickup

Weekly ranking