BEAUTY

THU.01.19
2023

極薄膜でカバーする、が鉄則【コンシーラー・パウダー部門】オトナミューズ2022下半期ベストコスメ、受賞アイテムを発表!

アディクション スキンリフレクト フィックス コンシーラー 全8色 6.5mL ¥3,850(アディクション ビューティ)

来るマスクレスな日々を待ちわびながら、今期も数々の名品が発売されたビューティ界。大人の洒落感を引き出すメイクアップコスメや、肌応えと喜びをもたらすスキンケアなどが次々と誕生しています。そんな逸品がひしめく中、美容賢者が選んだ各部門のナンバー1がいよいよ決定。美へと誘う圧倒的エネルギーに触れて!

【コンシーラー・パウダー部門】第3
DECORT
É
トーン パーフェクティング パレット 00

コスメデコルテ トーン パーフェクティング パレット 00 ¥4,950(コスメデコルテ)

コスメデコルテ トーン パーフェクティング パレット 00 ¥4,950(コスメデコルテ)

人気のコンシーラーパレットにお目見えした新色がチャートイン。右上のコーラルピンクカラーが「肌浮きしないでクマをカバー!」とたちまち話題に。

【コンシーラー・パウダー部門】第2
ADDICTION
インビジブル エッセンス ルースパウダー
トランスルーセント

アディクション インビジブル エッセンス ルースパウダー トランスルーセント 5g ¥4,950(アディクション ビューティ)

アディクション インビジブル エッセンス ルースパウダー トランスルーセント 5g ¥4,950(アディクション ビューティ)

アディクションがワンツーフィニッシュという快挙。セラミドコーティングしたパウダーが、エッセンスのように溶け込み、透明感に満ちた肌に。

【コンシーラー・パウダー部門】第1
ADDICTION
スキンリフレクト フィックス コンシーラー

アディクション スキンリフレクト フィックス コンシーラー 全8色 6.5mL ¥3,850(アディクション ビューティ)

アディクション スキンリフレクト フィックス コンシーラー 8 6.5mL ¥3,850(アディクション ビューティ)

隠し過ぎないという新次元のカバー力

佐田真由美

極上ナチュラルな肌作りに日々心血を注ぐ美容賢者が、今期イチ、夢中になったコンシーラーといえばこちら。「こだわり抜いたのは、ハイカバーなのに粉感がなく、極薄膜で高密着すること」(PR河村 優さん)と、仕上がりはとてつもなくハイレベル。最適解を“素肌のような膜”に見つけ出し、肌はよりフレッシュな印象へ! 隠すことに固執し過ぎない、という軽やかなマインドにも共感の声。

「カラバリが幅広く、自分に合った色が見つかる! 落ちにくく、肌に留まってくれるから、カバー力もばっちり長続き」(ヘア&メイクアップアーティスト・美舟さん)

「スーッと肌に溶け込むようになじんで、素肌のような軽やかさでナチュラルにカバー」(メイクアップアーティスト・nagisaさん)

「超薄膜でカバー力も隙がなく、崩れ知らずという無双さ。肌に光を宿すさまが自然過ぎて、なんならファンデを超えています」(ビューティライター・AYANAさん)

\集計の裏側教えます! ベスコスこぼれ話/
歴史に名を残すような逸品が
続々登場し混戦極まる!

コンシーラー・パウダー部門は、アディクションとコスメデコルテがツートップ状態でヒートアップ。どれも甲乙つけがたい名品であることは確か。

【リップ部門】の受賞コスメはこちら 【アイシャドウ部門】の受賞コスメはこちら 【アイブロウ部門】の受賞コスメはこちら 【チーク・ハイライト部門】の受賞コスメはこちら 【下地部門】の受賞コスメはこちら 【アイライナー部門】の受賞コスメはこちら 【マスカラ部門】の受賞コスメはこちら 【ファンデーション部門】の受賞コスメはこちら

いかがでしたか? いよいよ次回からはスキンケア編に突入。トップバッターは乳液・クリーム部門の受賞コスメを発表します。お楽しみに!

photograph:MAKOTO NAKAGAWA[CUBISM] / styling:AKIKO KIZU / hair:GO UTSUGI[PARKS] / make-up:MASAYO TSUDA[mods hair] / model:MAYUMI SADA / text:AKIKO NISHIMURA

otonaMUSE 2023
2月号より

Pickup

Weekly ranking