BEAUTY

TUE.09.28
2021

モーヴパープル×ベージュでつくる
とびきりドラマティックな秋メイク feat. ジルスチュアート

夏の終わり、秋の入り口。街の木々が赤く色づく季節に、大好きなあの人と指を絡めて歩けたら。そんなラブストーリーをロマンティックなジルスチュアートのコレクションで紡いで。

ハンサムでいてセンシュアル。
一途な思いをメイクに浮かべて

レースブラウス¥68,200、中に着たキャミソール¥35,200(共にルーム エイト ブラック/オットデザイン)、ピアス¥38,500(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)

パートナーと過ごす時間が長くなるほど、なんだか照れくさくてロマンティックな想いを口にするのが憚られてしまう。そんなあなたにトライしてほしいのが凛としたレッドの囲み目がドラマティックなメイクアップ。モーヴパープルの眉が華やぎを添えるまなざしにたおやかなベージュのリップで柔らかさをプラスして、親密な時間をスウィートに。

EYE
赤みでじゅわんと囲んだまなざしから目が離せない

右から:ピンキッシュブラウン。ステイトゥルー ジェルアイライナー 10 ¥2,530、上質な光沢感と艶めきを放つオレンジプラム系。エターナルクチュール アイズ ベルベット 08 ¥5,500(共にジルスチュアート ビューティ)

HOW TO MAKE-UP
c
のオレンジブラウンを指で上まぶたの眉下にかかるところまで薄く広げて。目尻の三角ゾーンにもなじませて、まなざしにヌケ感を。bのモーヴを太チップで下まぶたの目頭から目尻のキワ全体に、ブラウンaを上まぶたの黒目の外側のキワに細チップでライン状になじませる。下のインサイド全体にブラウンのアイライナーを引く。

EYEBROW
意志と女性らしさを宿してレディに召しませ

右から:ムースみたいにふんわり色づくモーヴパープル。汗や皮脂に強くダマになりにくい。ムースブロウマスカラ 10 ¥2,420、キャラメルブラウン。滑らかな描き心地でもちもバッチリ。エアリーステイ ブロウライナー 05 ¥2,420(共にジルスチュアート ビューティ)

HOW TO MAKE-UP
モーヴパープルのアイブロウマスカラで立体感と大人のまろみを織りなした眉がひときわ魅惑的。ペンシルで眉毛がまばらな部分に11本書き足して全体の毛量を整える。アイブロウマスカラを眉尻~眉頭、眉頭~眉尻の順になじませる。眉頭のみ下から上に立ち上げるようになじませたらフィニッシュ。

LIP
温もるピンクベージュをメルティでジューシーに

とろけるように滑らかな質感で吸いつくように濃密なピンクベージュ。ルージュ リップブロッサム 124 ¥3,080(ジルスチュアート ビューティ)

HOW TO MAKE-UP
リップクリームを塗るのと同じ感覚で唇全体にぐりぐり塗るだけで、ジューシーなグラマラスリップに。ボタニカルワックスを配合しているから、艶めきがうっとりするほどリッチ。秋の恋の立役者に。キャップにミラーが付いていて、外出先で塗り足すときも便利。

SKIN
たおやかな血色感をまとう肌にチューニング

パーリーなピンクの下地でいつだって調子のいい表情に。どこまでもみずみずしい質感。イルミネイティング セラムプライマー 03 30mL ¥3,520(ジルスチュアート ビューティ)

HOW TO MAKE-UP
ベースメイクは肌に光と血色感を授けてくれるピンクの下地を忍ばせて。1プッシュ手の甲に出したら、おでこ、頰、鼻先、あごにおいて、指で均一になるように広げる。仕上げにハンドプレスで肌を抱き締めるように密着させる。一枚仕立てに溶け込ませて。

NAIL
ジュエルな煌めきで指先をドレスアップ

大粒のラメがリュクスな煌めきを放つイエローゴールド。クイックドライタイプ。ネイルラッカー ダズリングビジュー 315 ¥1,650(ジルスチュアート ビューティ)

HOW TO MAKE-UP
瞳に飛び込んでくるだけでハートが躍るグリッター入りのゴールドを全ての指に2度塗り。クラス感を宿したネイルで華やかに洗練。

photograph:YASUTOMO SAMPEI(model), TSUYOSHI OGAWA[KONDO STUDIO](still) /
styling:CHIAKI FURUTA / hair & make-up:TOMOKO OKADA[TRON] /
model:MAYUMI SADA / text:RINA ISHIBASHI / web edit:ANNA TOGASHI

otonaMUSE2021
9月号より

Pickup

Weekly ranking