BEAUTY

SAT.12.18
2021

美容エディターが推す
「幸せの黄色いマニキュア」

美容を生業にしている美容エディター&ライターは、連日届くこれから世に出る新製品のリリースに目を通し、常にアンテナを張ってトレンドや情報を発信をするスペシャリスト。そんな彼女たちに、いま最も気になる美容情報やアイテムをオトナミューズ読者のために教えてもらう連載。今回は堀江ちひろさんが、見た目に洒落るだけでなく、気持ちまで上がる! 今の時期の手元のマストアイテムをご紹介。

ミューズ世代こそ
気分も上がるトレンドカラーを

上から時計回りに:Amplitude コンスピキュアス ネイルカラー 34 ¥3,850(アンプリチュード)、エルメス マン エルメス ヴェルニ エマイユ 79 ¥5,500 (エルメスジャポン)、ヴェルニ ロング トゥニュ 915 ¥3,520(シャネル・1/7限定発売)、ネイルポリッシュ EX19 ¥2,200(ルナソル・1/21限定発売) 

寒いわ、雑事は多いわ……このシーズンって、心身がざわざわしているのに、忙しさにかまけて自分のことがおざなりになりがちじゃないですか?

そこでオススメしたいのが、ブライトなイエローマニキュア。なんせ手元は、何をしててもまっ先に自分の視界に入ってくるパーツですから、春を先取るようなキレイ色を纏うと、それだけで機嫌よくいられます(実際のところ、イエローには気分を上げる心理効果が認められているんだとか)。それにマニキュアを塗るだけなら、忙しいときにもちゃちゃっとやれますよね。

イチ押しは、’22年春限定のシャネルのペールイエロー。ワタクシ、季節問わずホワイトネイルのヘビーユーザーなんですが、これは白の延長のような淡い色調で、どんなカラー・テイストの服にも合わせやすい。

ヴィンテージ感のある花柄なんかに合わせるとクリーンさやモダンさをプラスできるし、ウォッシュの効いたデニムなどに合わせると、逆に80sのようなレトロ感(←今っぽい感じの!)が出せたりと、とにかく重宝します。

ベースがシャネル、中指の右上がエルメス、中央がアンプリチュード、下がルナソル。この色重ねテクは、部分的にハゲちゃったときにも使えます。

その他にも、イエロ-味の強いペールトーンを楽しめるルナソル、マスタード色に近いような深いカラーが美しく、天然由来成分を71%以上配合したエルメス、目の覚めるようにヴィヴィッドなアンプリチュード……、表情もアプローチも異なる“素敵イエロー”、たくさん登場しています。写真みたいに重ね使いするのもかわいいし、指ごとに違うカラーを塗るのもいい。どのカラーも意外に肌になじむから、悪目立ちの心配はご無用です!

そして今さらながらですが、イエローはこの春のファッション&ビューティのトレンドカラー。爪先とウエアやアイシャドウの黄色をリンクさせるのも洒落ているなと思いますので、ぜひお試しを。

上から:オサジ リトリート ハンド マッサージ セラム 30mL ¥2,530、同 ハンド モイスト クリーム 50g ¥2,750(共にオサジ)

で、最後に。爪をきれいにすると手肌の乾燥がなおさら気になる年頃ゆえ……、最近はオサジのハンド セラム(←なんとこれもイエローです!)が欠かせません。

寒い日の朝、手のお肉がキュッと縮こまるというんでしょうか。いつにも増して表皮が余るような感じになって、20年後にタイムスリップしたんじゃないかと震えるくらいシワシワになるんですが、このセラムを塗るとぐんぐん水分を吸い込んで、あっという間にふっくらした手元に! 重ねて使う同シリーズのクリームの自然な皮膜感にも、手肌が守られている安心感があって、かなり救われてます。

アンプリチュードの公式サイト エルメスの公式サイト シャネルの公式サイト ルナソルの公式サイト オサジの公式サイト

text&photographCHIHIRO HORIE

Pickup

Weekly ranking