BEAUTY

TUE.12.28
2021

美容担当Aが独断でセレクト♡
2021
"超私的"ベストコスメ

今年も残すところあと数日。2021年も、新たに世に送り出されるコスメの数々と向き合い、その進化に日々トキメキが止まりませんでした。マスクをする毎日が当たり前になってしまったけれど、そんな私たちのニューノーマルな生活に寄り添うアイテムが多数登場。元々「化粧品に支えられて生きている」と自負していましたが、今年はそれをより実感をした1年だった気がします。そこで! 2021年の超個人的なベストコスメを(1つに絞り切れず、2品)発表!

保湿の王者がリニューアル。美肌の王者に!

コスメデコルテ リポソーム アドバンスト リペアセラム 50mL 12,100(コスメデコルテ)

コスメデコルテの“リポソーム”といえば、保湿導入美容液として超有名なアイテム。美容に目覚めて早20数年。この仕事に就く前から愛用しており、生涯で多分20本以上は使っていると思います。そのくらい保湿力に絶大な信頼をおいていた美容液が、発売から29年目の今年、初めてのリニューアルをしました。

今までは“保湿”に特化した美容液でしたが、技術の進化により、保湿+エイジングケアまでもを叶える仕様に。 要は潤い、ハリ、透明感を叶えてくれるというわけ。

使用量は1回で23プッシュ。乳白色で、瑞々しくスゥ――っと肌になじむ心地良いテクスチャー。

リニューアル前は、スルスル~と肌になじんでいくイメージでしたが、今回はその心地良さは担保しつつ、グングンと肌に浸透した後、ごくごく薄~い潤いの皮膚が最後にピタッと留まるような不思議な使用感。不快な膜感とは一線を画す、肌を優しくホールドしてくれるような感じ。馴染ませた直後から、乱れた肌の角層がミチっと潤いに満たされて整い、これだけで肌がピッカーン! 驚愕です。乾燥が気になる日は、贅沢に2回重ねているのですが、正直このあと何もつけなくていいんじゃないか⁉と錯覚するほど。使い続けることで、肌そのものが頑丈に格上げされているような気がします。

25
日に発売された、2月号の下半期ベストコスメでも、ブッチギリの得票数を得たコチラ。いつものルーティーンにプラスするだけで、肌偏差値が確実に上がりますよ!

9
月の発売以来、すでに3本目に突入中です。

コスメデコルテのサイトはコチラ

心地イイ! 崩れない!
素肌がキレイな人に見せてくれる最強ファンデ

SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング ティント SPF23PA++ 全4色(SHISEIDO

ベースメイクも、とにかく豊作だった1年。マスクをする毎日でも、気になる部分はカバーしつつ、付け心地が軽く、崩れにくく、マスク移りしにくい、そんな優秀なアイテムが多数登場しました。

そんな中、個人的に頭一つ出たのがこのファンデーション。名前に“シンクロ”とついているだけあり、とにかく肌との一体感が見事! クリームとジェルの中間のようなテクスチャーなのですが、びっくりするくらい自分の肌&肌色とピタッと密着。くすみや毛穴、色ムラはちゃんとカバーしてくれるのに、ほんのり元の肌が透けるような、とにかく仕上がりが自然で、“ファンデ塗ってます”感が皆無なんです。

左がテクスチャー、右が伸ばした後。キメはちゃんと残しつつ、ほんのり自然なツヤ肌に。

本体に〈日中用美容液・化粧下地・ファンデーション〉との明記があるくらい、スキンケアの後にこれ1本でOKの手軽さも◎。スキンケア成分が70%も配合されているからなのか、肌の渇きや皮脂崩れもあまり感じません。つけ心地もとても軽くて、ファンデーションを塗っていることを忘れてしまうくらい。肌としっかりシンクロしてくれるからなのかマスクに付きにくく、見た目にも、精神的にも心地イイ、この秋冬のお守り的ななファンデーションでした。

SHISEIDOのサイトはコチラ

本当に日々進化する優秀な化粧品のおかげで、年齢を重ねてもキレイは絶対にアップデートできる! そんな気持ちにさせてくれた2021年。年末年始のお買い物計画の参考にしていただけたら幸いです。

otonaMUSE A

Pickup

Weekly ranking