BEAUTY

MON.01.10
2022

美容担当Aが選ぶ
1
月の「超私的」ベストコスメ

アイケアの重要性は分かっていても、なかなか日々のスキンケアルーティーンに取り入れるの、忘れてしまいませんか? 目元って、効果実感がすぐに表れるパーツではないし、全顔に塗るクリームを伸ばせばいいじゃない⁉ と思いますよね。ただ、PCやスマホを四六時中使っているいま、目って思っている以上に酷使されていて、過労状態に。そんな“過労アイ”を救うアイセラムが、イヴ・サンローランから登場。溺愛中です。

朝晩ついつい使いたくなる、
現代人の目元の救世主

2020年の発売時、数々のアワードを受賞したイヴ・サンローランのレジェンド美容液「ピュアショット ナイトセラム」。サンローランがモロッコに有する、メイクアップ、フレングランス、そしてスキンケア製品に使用する植物を生育しているウリカ コミュニティ ガーデンで育った、ピュアショットの唯一無二のキー成分・ムーンライトカクタスを配合。ぐっすり眠った翌日の肌のような、毛穴レスで輝くツヤ肌へと導く“睡眠越えの効果”とも言われるハイブリッドなアイテムです。私もデビュー時からリピートし続けていて、肌が疲れてきたなという日には必ず使用。おかげでこのマスク生活でも、大きな肌トラブルに見舞われることなく、助けてもらってきました。

そんなピュアショットから、この1月に目元専用のセラムが登場。顔中、余す所なく隅々までピュアショットを浸透させることができるようになりましたw

サイズはちょうど手の平に収まるくらいの小ぶりですが、しっかり20mL入ってます。

プッシュ式なのも、ポイント大。キャップを取って、押すだけ。有難い。

昨年、いち早く手元に届いてから使っているのですが……この1カ月、ほぼ欠かしていません! 正直、使わないと不安になるくらい。

アイケアものってジャータイプが多いのですが、これはプッシュ式。キャップを取って押すだけなので、忙しい朝も、疲れて本当は顔を洗うのすら億劫な夜も、チャチャっと1プッシュして目元にオン。そして特筆すべきがテクスチャー。肌馴染みがいいモノは多々ありますが、目元のようにピンポイントにケアするものって、多少の指止まり感が欲しいんです。少しピンと張る感じとでもいいましょうか、効かせている実感とでもいいますか、ちゃんとピンポイントで目元にシールドしている感じがこのセラムにはあるんです。

ひんやりスルスル~っとなじんで、ピタッと密着。べたつく感じでも、突っ張る感じでもない心地よさ。そしてパチッと目が見開く感覚! 見た目にすぐ目が大きくなったと分かるわけではないのですが、使い続けることで、疲れてきたときの落ちくぼみ感は確実に出にくくなっています。ほんのりパールで明るく見せてくれる効果も。

スルスルっと伸びるテクスチャー。ほんのりパール感が。目元を明るく見せてくれます。

長引くマスク生活で、アイメイクを見直した人は多いと思いますが、アイシャドウを新しく買い足す前に、ぜひ、 目元のスキンケアモノを1品、取り入れてほしい! どんなに美しいシャドウや、キレイ色のアイライナーも、シワっとした目元では台無し。目元の皮膚は、顔の他の部分に比べて1/4の薄さしかないセンシティブなパーツ。エイジングサインがくっきりと出て手遅れになる前に、今日からすぐ、お手入れを始めてください。

ピュアショット アイセラムはコチラ

otona MUSE A

Pickup

Weekly ranking