BEAUTY

TUE.01.18
2022

2021下半期ベストコスメ
担当エディター&ライターが
集計の裏話を赤裸々トーク!
【スキンケア部門】

オトナミューズ2021下半期のベストコスメをよりディープに総決算。ビューティエディター&ライター・西村明子さんと小誌美容担当・編集Aが舞台裏で盛り上がったスキンケアアイテムの「これもいい!」をお届けします。

2021下半期ベストコスメを発表!【スキンケア編】

お悩みレスキューは当たり前。
心を解放する心地よさまでを極めた
スキンケアで未知の扉を開ける!

編集A(以下A ベスコス企画って、ランキングが確定するまでの道のりがなかなか険しい。涙こぼれるドラマが、裏でひっそり生まれていたりするわけですよ。

西村(以下西) そうそう。誰もが認めた名品でも、頂上決戦に僅差で敗れるような展開が普通にある。

A
なので、ここまでに伝えきれなかったストーリーや、登場しなかったけど間違いなく激優秀なアイテムを、前回のメイクアップ編に続き、今日はスキンケアアイテムをどんどん紹介します!

西 下半期の話題といえば、歴史に名を残す名品たちの大リニューアル。首位はコスデコの美容液が奪取したけど、怒濤の追い上げを見せたのがSHISEIDOの美容液

A
 先進の知見と技術を応用した逸品だもん。免疫や血流にもターゲットを広げて肌を見つめて、今と未来の美しさを守り抜くって、底知れぬ可能性しか感じない。

アルティミューン パワライジング コンセントレート 50mL ¥13,200SHISEIDO

西 可能性でいうなら、洗顔もそう。時代はもうケア洗顔で、汚れを洗い流す以上のアプローチを期待していいんだよ。ホントいい時代に生きてる(涙)。

A
 まさに大健闘したソフィーナ iPのムースもそう。クリーミーで濃密な炭酸の泡の密着感、たまんない。

西 くすんで暗く見える肌が潤って明るくなっていくのも、嬉しいわ。

ソフィーナ iP リニュー ムース ウォッシュ 200g ¥3,630※編集部調べ(花王)

A 私たちが愛して止まないイプサの化粧液は、1位のスックと人気を二分する勢い。どんな肌状態でも受け入れて、肌をみっちみちに満たす超まじめないい子。

西 化粧水と乳液の機能を併せ持って、これ1本でお手入れできるところも神だね。

ME アルティメイトe[医薬部外品] 50mL ¥11,000(イプサ)

A スペシャルケアは、シートマスク祭り。オンライン会議があるときとか、瞬時のケアに相当お役立ち。

西 その点でも、ランコムのマスクが上位に立つのも納得。15分で美肌菌に働きかけて、ダメージから素早く回復できるってとてもプレシャスなわけ。

A
 アスレティアのマスクは、シートがコットン由来100%。環境への優しさにも配慮して、時代の風が吹き抜けてる。

右から:アスレティア コアバランス トーニングマスク 22mL×1枚入り ¥1,210athletia)、ジェニフィック アドバンスト バイオセルロース マスク 16mL×1枚入り¥1,540(ランコム)

西 アイケアの革新的テクノロジーが一気に咲き乱れたのも下半期の特徴。マスクな日々が続く今、やっぱり目元を整えたいの。

A
 美容界が色めき立ったのは、クラランスのアイセラムの登場。なんせ、ヒット街道を驀進する美容液「ダブル セーラム」の、待望の目元版ですから。

西 ウォーターとオイル、2つのセラムがフレッシュなままワンプッシュで手に取れるの、半端ない完成度&キャラ立ってる。

A
 センサイのアイトリートメントもね。冷感エッセンスと温感クリームのペアで目元にアタックするって前代未聞かも。

右から:ダブル セーラム アイ 20mL ¥9,900(クラランス)、センサイ トータルアイトリートメント〈リフレッシングアイエッセンス 20mL、メルティリッチアイクリーム 15mL ¥20,900(カネボウ化粧品)

西 あとさ、おうち時間の増加でボディケアも大賑わい。コスデコのオイルとハンドエッセンスは、ベスコスに輝いたクリームと合わせて、仲よく3姉妹で大ブレイク中でございます。

A
 お値段張りますけど、しなやかな仕上がりとかスキンケア級の満足感とか、なんか全然違ーう!

西 やだ、どれもこれもホント素晴らしい。

A
 うん知ってた♡ 珠玉のコスメで弾みをつけて、2022年をゴー!

右から:AQ トリートメント ボディオイル 100mL ¥13,200AQ ハンドエッセンス[医薬部外品] 50mL ¥5,500(共にコスメデコルテ)

ビューティエディター&ライター 西村明子
コスメから広がる明るい世界を考えては、ひとり心を震わせる妄想族。LOVE MYSELFをせっせと推進中。

otona MUSE 編集A
小誌美容担当。筋肉は裏切らない! を合言葉に、2021年は週1のトレーニングを運動嫌いなのに休まず通った自分を自分で褒めている。

いかがでしたか? 美容賢者お墨つきの名品の実力をぜひ体感してみてくださいね♡

photograph:ASA SATO / text:AKIKO NISHIMURA / illust:YUKO SAEKI

otonaMUSE 2022
2月号より

Pickup

Weekly ranking