BEAUTY

THU.02.24
2022

知った今日からキレイになれる、
岡田知子の「読む美容」

大人の洒落顔を導き出してくれるヘア&メイクアップアーティスト、岡田知子さん。そんな岡田さんの美と向き合う姿勢そのものがキレイを磨くためのエッセンスに溢れていたので、珠玉の言霊を余すところなくお届けします。

デコルテまでが顔。
スキンケアは胸元まで同じものを

「ミューズ世代はデコルテまで含めてがお顔。スキンケアをするときは必ず胸元までなじませるのをルーティンにしてください。首やデコルテは明らかにカサつきが進行していくし、顔と違って美容医療でメンテナンスがしにくいパーツ。ファッションを楽しむ上でも人目にさらされることが多いから、いつでも湿度高めで、ピカピカに。ここが乾燥していると“他は頑張っているのに、やっぱり年齢には抗えないのね”という印象を与えてしまうのがもったいない。意外とカサつきがちな耳のキワも保湿してあげるとよりフレッシュな表情になれますよ」

メイクの整理整頓が
アラフォーの品格の有無を決める

「考えなしにメイクを進めると印象がとっ散らかって急に老け込んで見えたり、逆に若作りしているように映ってしまう“アラフォーあるある”を打破するために、顔の整理整頓が必要不可欠。これは難しい話ではなくて、眉の下や小鼻のテカリをなくすとか、眉を描くときアンダーの影のラインだけ決めて表情をナチュラルにまとめるとか、その程度のこと。今シーズントレンドのパウダーチークを血色感を演出するためだけにのせるんじゃなく、ハイライトやフェイスパウダーみたいな感覚で色のニュアンスや光の質感を足して全体のバランスを整えるために取り入れる、とかね。顔全体を俯瞰しながら気になる部分をサラッと補整する意識を持つだけで、品格は一気に上がります」

肌が「いらない」のサインを出すまで
化粧水を入れ込む! 肌は変えられる!

「あの美容家の神崎恵さんも同じことをおっしゃっていて感動したんですが、化粧水を肌が“もういらない”ってサインを出すまで手で押し込んでなじませるのを習慣にすると肌は驚くほどふっくら、もっちり、持ち上がるんです。目の下のたるみともクマとも言えそうな影さえ薄くなる気がするから、今日から絶対に試してほしい。満タンサインはベタッとしてきたり、上滑りして全然入っていく感じがしなかったりと、人によってさまざま。私の場合は、いろいろ試してメーカーの規定量の2倍がジャストだということが判明したので、朝晩しっかりなじませるようにしています。肌にうるおいを巡らせることで、メイクのノリも持ちもグンとアップ。水分量の多い肌を目指すことは、大人にとってメリットしかありません」

タンクトップ¥7,150(ハイク/ボウルズ)

美容クリニックに、
これからは躊躇なくお世話になること

「これだけ長く生きて紫外線を浴びたり、ストレスを抱えたりしていたら、肌トラブルのひとつやふたつあるのがむしろ普通。だから、あなたがもし今自分が不機嫌になるくらいのトラブルを抱えているのであれば、美容クリニックのドアをノックするのがいいと思います。私もかつて顔の片側に傷みたいなシミがあって、誰かといるときそちら側を見せないようにすることに気を取られたりしていたことがあったんですが、レーザーでキレイにしてから“あのもやもやしていた時間、もったいなかったな”って感じたんです。ビギナーでいきなり施術を受けるのは緊張してしまうという方は、まずはカウンセリングを受けてみるのがいいかも」

テーブル1枚分の距離感を意識してメイクを

「先日の“ミューズ世代が目指すべき「洒落顔」とは?”の記事でも少し触れたとおり、カラーマスカラやカラーライナー、アイブロウマスカラやラメみたいにプレイフルなメイクをするときは、テーブル1枚を挟んだところにいる相手がびっくりしないくらいのインパクトを意識すると、センスよく映ると思います。欲を言えば、近づいてみて初めて“今日のアイライナー、黒だと思ったらビリジアンだったんだ”くらいのさり気なさを目指したい。遠くから見てもエッジがきいているのが分かってしまうメイクは、今日を境に卒業しましょう!」

ミューズ世代が 目指すべき「洒落顔」とは?

忙しい人こそ、
最新ギアを取り入れることが大事

「年齢を重ねるにつれて、皮膚ってどんどん薄くなっていきますよね。だから、顔色がどんよりしていたりむくんでいてもマッサージはなるべく避けるのがマイルール。その代わり、『inazuma』や『セルキュア4T++』などハイスペックな美顔器の力を借りるようにしています。肌に負担をかけにくい設計で効率よくリフトアップを叶えることができるから、本気で頼れる! 効果が持続するのはその日1日ではあるんだけど、ちょっと感動級なので大人には一家に一台を推奨したいです」

ヘアメイクアップアーティスト・岡田知子さん/パーソナリティや年齢を鑑みながら圧倒的にスタイリッシュな顔つきを提案してくれるセンス、ロジック、手腕に惚れ込む人が続出。本誌をはじめあらゆるメディアや広告から引く手あまたの存在。

記事最上部の衣装クレジット:タンクトップ¥7,150(ハイク/ボウルズ)、パンツ¥26,950(サージ/ショールーム セッション)、バングル¥52,800(アダワット トゥアレグ/エスケーパーズオンライン)

いかがでしたか? 次回は、小誌美容担当が春のトレンドメイクと大人のメイクにまつわるお悩みを岡田さんに直撃! 岡田さんオススメのコスメとベストアンサー、お楽しみに♡

photograph:SAKI OMI[io](model), KAZUKI TAKAHASHI[KONDO STUDIO] / styling:KASUMI KATO / hair & make-up:TOMOKO OKADA[TRON] / model:RENA TAKESHITA / text:RINA ISHIBASHI

otonaMUSE 2022
3月号より

Pickup

Weekly ranking