BEAUTY

FRI.02.25
2022

ほんのり"赤みニュアンス"を。
河北祐介が提案する
マスク時代の眉メイク技

ヘアメイク河北裕介センセイが
悩めるミューズたちにメイクレッスン!

メイクで“いい女”感を底上げする人気連載「大人メイクで“いい女!”」のお時間です。まだまだ長引くマスク生活。目のまわりしか見えない分、いつも同じ印象になってしまう、なんて人も多いのでは? そこでマンネリメイクを救う河北センセイが伝授します!

 

今月の生徒はフリーランスPR佐藤有華さん。シンプルなアイメイク+濃いめリップが定番でしたが、マスク生活で一変。リップが目立たないから、なんだか地味な印象。下ぶくれやクマも気になるので、さり気なくカバーする方法が知りたい!

赤みニュアンスを眉に加えて
鮮度UP&明るい印象に!

佐藤さん マスクでリップが見えない分、いつものメイクだと薄味過ぎちゃって。クマが目立つのもどうにかしたい。

河北さん 佐藤さんは骨格的に、目の下が凹みやすいから、どうしても影ができちゃう。まずはクマに効果的なオレンジのコンシーラーでカバーしてから、目の下にハイライトを。光を取り込んで、影を払うことができるよ。

佐藤さん なるほど〜。光が重要なんですね!

河北さん そう。このハイライトを、目の下に逆三角形を描くように入れることで、グッとリフトアップ効果も。下ぶくれのカバーにも効果的。

佐藤さん それが嬉しい!

河北さん リップで血色感を出せないときにオススメなのが、眉。普段シンプルメイクなのに、アイメイクを急に盛っちゃうと違和感が出せちゃうでしょ。でも、眉に血色ニュアンスを足せば、こなれ感はそのままに、程よくアップデートできる。

佐藤さん 赤だけど、不自然じゃない!

河北さん でしょ? 足りない血色もカバーできるし、鮮度も色っぽさも増して、いいことずくめなんだ。

 

いつもの眉メイクに赤みニュアンスを足すだけで、マスクをしていてもパッと明るい印象へ。さらに、色気やトレンド感も高めてくれるので、マンネリ打破に効果的! ピアス¥47,300(ナタリー・シュレッケンベルグ/ショールーム 233)、その他本人私物

河北’s いい女Point

赤みニュアンスを眉に足して
顔印象を明るく

左端のワックスをベースとして、眉全体に。毛の足りない部分には中央のブラウンを。最後に柔らかなブラシで右端のレッドカラーを眉全体に。リップに頼れない今、この赤みが血色をプラス。

ベースとなるワックスとしっかり発色するブラウンカラー、ニュアンス的に色づくレッドカラーがセットに。&be パレットアイブロウ レッドブラウン ¥2,200Clue

目の下ハイライトで
クマをカムフラ

オレンジ系のコンシーラーでクマをカバー後、ハイライトを目の下へ。ミニマムな逆三角形を描くようにすれば、ふっくらハリ感を高めながら、シュッとフェイスラインのもたつきをカバーできる。

ベースとなるワックスとしっかり発色するブラウンカラー、ニュアンス的に色づくレッドカラーがセットに。&be パレットアイブロウ レッドブラウン ¥2,200Clue

hair&make-upYUSUKE KAWAKITA / photoEIJI HIKOSAKAMAKIURA OFFICE/ textEMI TANIGUCHI / web edit:MIO NEMOTO

Pickup

Weekly ranking