CULTURE

WED.10.05
2022

【私に推しを語らせて!vol.4
BLACKPINK
in your areaされたユウコの場合①

連載vol.4となる今回は、初のガールズグループ。 K-POP界の女王・BLACKPINKについてご紹介します。言わずと知れた世界的な人気を誇る彼女たちの魅力とは? ファンが語るリアルな声をお聞きください!

みなさんこんばんは。ミューズのBLINK代表、ユウコです。今日は先日110カ月ぶりについに待望のカムバを果たしたBLACKPINKたちについて、たっぷり語らせていただきます!

ファッションアイコンとしても名高いBLACKPINK。おしゃれなMUSE読者様ならばメンバーのファッションチェックはされているはず。メンバーそれぞれがブランドのアンバサダーとしても活躍していて、代表的なものだけでもジェニはCHANEL、リサはCELINE、ロゼはSAINT LAURENT、ジスはDIOR。圧巻のラインナップ…!

でも曲はあまりご存じないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? ということで、今回はカムバを祝して、BLACKPINKの曲から分析するメンバーの魅力を語らせてください! ちなみに私はBLACKPINKメンバーよりもひと回り以上年上ではありますが、ここ1年半毎週末BLACKPINKを踊ってます! K-POPダンスではなく、BLACKPINKだけをひたすら踊ってます() あ、そしてダンスのときはもちろん腹出しスタイルです。

なんといっても注目は9/16にリリースされたアルバム「BORN PINK」。みなさんもアルバムは聴かずとも、先行曲「Pink Venom」はSNSなどで目にして、気づかぬうちにBLACKPINK in your areaされているはず♡ YGの歴代最高金額をつぎ込んで制作したという豪華絢爛なMVも素敵なのですが、今回はダンス練習動画をレビューしつつ、メンバーの魅力をご紹介していきます!

Pink Venom DANCE PRACTICE VIDEO
手始めにはこちらの動画をチェック!

K-POP界最強モテ女♡ジェニ

韓国の伝統楽器コムンゴ()のメロディーが奏でられる中、ジェニのラップで始まる「Pink Venom」。BLACKPINKの曲って、殆どがジェニ→リサ→ロゼ→ジスという流れで歌ってるんですよ。冒頭のダンスは後ろから横並びで歩いてくる4人、もう歩いてるだけで女王の貫禄。これですよ…! これを110カ月待っていた!!

0:20
縦並びになってから、リサとロゼの間を割って出てくるジェニのドヤ感が最高すぎる(私はジェニペンです) ジェニはですね、ラップも歌もダンスも上手なのですが、何と言っても表情管理が最高なんです。これぞガールズクラッシュ! なドヤ顏はジェニーの右に出る者なしではないでしょうか? ステージではドヤ顔クールビューティーなジェニですが、プライベートでは明るく人懐っこい性格。ジェニの歴代大物彼氏もそんなギャップにハートを射抜かれたのでしょう。ちなみにダンス練習動画では、腹出しジェニのウエストのくびれにもご注目。ダンスとピラティスで鍛え抜いた驚異のくびれ、無駄のないしなやかで女性らしい体。うん、そりゃあモテるよね。

ダンスの天才♡リサ

0:30 お次はリサのラップパート。リサのラップとダンスはK-POP女性アイドルの中でもトップと言われるほど。ただただ圧巻です。お人形のような可愛い顔とスタイルが注目されるリサですが、見た目が可愛いだけじゃないですよ! 14歳で親元を離れ1人でタイから韓国に渡り、練習生時代は110時間以上ダンスの練習と韓国語の勉強をしたという努力家。そう、BLACKPINKメンバーはみんな努力家なんですよね。そんな彼女たちの軌跡をたどったNetflixBLACKPINKLIGHT UP THE SKY〜」も必見です。今やスーパースターの彼女たちだって普通の女の子なんだよな、そんなギャップが胸に迫ります。

見れば見るほど可愛い♡ロゼ

0:40 そしてメインボーカルのロゼパート。ロゼの鼻にかかった、クセ強なねっとりとした歌声にご注目を! 日本ではあまりいないタイプの歌声に魅了されますよ。ステージではパワフルな歌声で強めなオーラを放つロゼですが、喋る時はおっとりしていて、クセ強な鼻声がめちゃめちゃ可愛いのです♡ インスタで見せるガーリーなムードも好き。とにかく見れば見るほど可愛いロゼなんです。私が男だったらロゼと付き合いたいなー♡(ジェニペンだけどね)

女優としてもご活躍♡ジス

0:50 お次のソロはビジュアルメンバー、ジス。ここのパート、他メンバーはサビ前のフォーメーション移動でジスの後に隠れていて、ジスが一人で何だか不思議なダンスを踊ってます()。他グループでは見かけない不思議なダンスが盛り込まれているのもBLACKPINKの魅力ですので、その辺りも是非注目してみてください。ジスは女優さんのような美人さんと思っていたら、やっぱり女優デビュー。ドラマはまだ観ていないのですが、BLACKPINKとは思えない見事な女優っぷりだったそう。その多才ぶりにもはやぐうの音も出ません。

踊りたくなる! サビのダンス

1:00 全員のソロが周ったところで、サビパートに突入! この中毒性のあるサビはSNSなどで皆さんも目にされているはず。SNSで踊っている人も多いサビのダンス、一見簡単そうに見えるのですが、めっちゃ難しくて、私は150回くらい踊って、やっと…って感じでした。BLACKPINKのダンスって本当にキレッキレで速いので、スロー再生しないと全然振り付けが分からないのですが、このサビのダンスは「Pink Venom(ピンクの毒)」を表現していて、手で牙を作って噛み付くような動きだったり、噛まれて驚いちゃった! みたいな動きがあったりで何だかキュートなんですよ。サビの部分はダンスのレクチャー動画も沢山出ているので、ご興味ある方は自宅でコソ練してみては?

最後は踊りまくり!

1:24 そしてサビ後のリサとジェニのラップも最高なんですが、この辺りは長くなるので割愛します。1つだけ言わせていただくと、バックダンサーの膝を椅子のようにして座るジェニがとにかく最高。これに尽きる。

1:50
ラストは「La tatata Latatata」と唱えるように歌いながら踊りまくります。この最後に踊りまくるパターンは、BLACKPINK御家芸なのかしばしば曲に組み込まれていて、その疾走感と最後のキメポーズで肩で息してる感じが大好きです!

というわけで、長くなりましたが今回はこの辺で。可愛いだけじゃないBLACKPINKの魅力が伝わっていたら幸いです。次回は最新曲「Shut Down」とBLACKPINKの軌跡について語らせていただきますよ、お楽しみに♡

textYUKO ADACHI

Pickup

Weekly ranking