CULTURE

TUE.12.06
2022

今月のシネマミューズは2022年のマーベル劇場作品のラストを飾る『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』主演のレティーシャ・ライト!

Letitia Wright

MCU区切りの作品です

スーパーヒーロー映画といえば、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)。そんなMCUのキャラのなかでも特に人気があるブラックパンサーは、単体ヒーロー映画としての第2弾『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』が公開中です。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

現在、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー中!

主人公を演じたチャドウィックボーズマンが他界して2年、いったいどうやって続編に挑んだのか。本作の主演でブラックパンサーの妹シュリ役を演じたレティーシャ・ライトに聞きました。

「チャドウィックがいないのに、この作品のことを想像するのは難しいことだったわ。監督から電話が来たとき、“チャドウィックは私たちにこの作品を続けてほしいと思っているはずだ”と聞かされたの。きっと天国でチャドウィックが“人々にインスピレーションを与え続けるんだ。前進しなければだめだ”と言っているに違いないという思いは、私たち全員が持っていたわ。最初は辛かったけれど、監督はこの続編でどのようにしてチャドウィックに敬意を払うのか、ファミリーとして私たちが作り上げたものにどうやって敬意を払うのかを説明してくれたわ」

故人をCGによって再現するのは簡単なこと。だけど、本作ではそれを全くせずに、物語を構築しているのが特徴。チャドウィックが演じたブラックパンサーが亡くなったということから物語が始まるのだから。そして彼女が演じたシュリは、兄を失った哀しみから立ち直れず、プリンセスとしての葛藤に苦しむことに。

「シュリをどうやって進化させるべきかを自分の中で処理することが挑戦だった。前作での彼女のミッションははっきりしていて、物を作り出したり新しいテクノロジーを発明したりすること、そしてその場の雰囲気を明るくしてくれる存在だったこと。だけど本作のシュリはいろいろな経験をしてしまったせいで、それをすることができないの。彼女は単に兄の死を悲しんでいるだけでなく、母娘関係でも苦しんでいる。悲しみの最前線にいる2人の女性が、ワカンダのために力を合わせて知恵を出し合い、お互いを励まし合いながら前に進むすべを見出そうとしているのよ。家族、守ること、愛、思いやり、その全てがひとつになったテーマをこの映画には見ることができるわ」

MCU
が独自に掲げる作品群の段階「フェーズ」において、この作品はフェーズ4の最終作。ここで何かが終わり、ここから何かが始まる。そんな大きな区切りの作品だけに見逃さないで!

Letitia Wright

Letitia Wright 
1993
1031日、ガイアナ生まれ。幼少期にロンドンに移住し、2011年に映画デビュー。2018年の『レディ・プレイヤー1』などの出演を経て、『ブラックパンサー』で注目を浴びた。

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

story テイ・チャラ(C・ボーズマン)の死から1年後、妹のシュリ(L・ライト)は立ち直れずにいた。そんなある日、海底帝国タロカンの王ネイモア(T・ウエルタ)が彼らの住むワカンダに侵入。一触即発の状態に陥るのだが……。

監督:ライアン・クーグラー/出演:レティーシャ・ライト、ルピタ・ニョンゴ、ダナイ・グリラ、テノッチ・ウエルタ、チャドウィック・ポーズマン ほか/配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン/公開:現在、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー中
©︎ Marvel Studios 2022

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』公式

textMASAMICHI YOSHIHIRO 
photo
:©︎2022 Ramona Rosales. All rights Reserved.

otona MUSE 2023
1月号より

Pickup

Weekly ranking