CULTURE

THU.01.12
2023

映画ライターよしひろさん推薦。
今月チェックしたいミューズなエンタメ5本!

01/久々のイベントレポしちゃいます
「ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022

コロナ禍でリアルなイベントがなかった丸2年ちょい、ようやくイベントらしいイベントがあったので報告しちゃいます。『ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022』では、2023年に創業100周年を迎えるウォルト・ディズニー・カンパニーが202212月以降にリリースする劇場公開作とディズニープラス配信作を一挙に紹介。ディズニーの実写、ディズニー・アニメーション、ピクサー、マーベル、ルーカスフィルム、20世紀スタジオなどなどが、それぞれ公開予定の劇場用作品、配信作品をドドッと紹介。特に、実写版『リトル・マーメイド』のクオリティに腰抜かしました。マジすげえ......としか言いようのない歌唱シーンですのよ。ご期待。そして、配信用に製作されたアジアコンテンツの紹介がこれまたすごい。日本モノは『ガンニバル』ですが、韓国コンテンツの多いこと&ビッグタイトルなこと。だって、韓国だけでドラマとBTSNCT127ほかK-POPグループのドキュメンタリーなど13タイトル! おまけにスタジオ・ドラゴン制作×三池崇史監督のドラマ『コネクト』なんてビッグタイトルまでありまして。震えて待て、ってレベルなので乞うご期待。取材分はじわじわお出ししますわ。

ガンニバルのキャストとミッキー

日本コンテンツのキャスト&監督とミッキー。

三池監督とミッキーの奇跡のコラボ

三池監督とミッキーの奇跡のコラボ

コネクトの出演者

コネクト会見!

『ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022
場所:シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ(開催終了)
『コネクト』現在全6話、ディズニープラス「スター」にて配信中

ディズニープラス「スター」

02/大映の名作を一挙上映
大映創立80周年記念企画『大映4K映画祭』

世界の最大手が創業100周年なら、日本は老舗の大映が創業 80周年! それを記念して、大映映画の名作をどどーんと4K化してお祭り上映です。『雨月物語』など、メジャータイトルが世界中の映画祭で4K上映されて きましたが、今回は『大菩薩峠』シリーズなどの4K版初お披露目となるタイトルが8作追加、全28作品が美麗な映像で楽しめます。また連動企画『Road to the Masterpieces』では、4K化してないものの、スクリーンでの上映は何年ぶり? というレベルのカルト作品がてんこ盛り。古きよき日本映画の魅力にどっぷりよ。

大映創立80周年記念企画『大映4K映画祭』ポスター
大映創立80周年記念企画『大映4K映画祭』ポスター

大映創立80周年記念企画『大映4K映画祭』
2023
120日〜角川シネマ有楽町(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売 会館8F)、
2023
128日〜大阪シネ・ヌーヴォ(大阪府大阪市西区九条 1-20-24)ほか全国順次開催
上映作品:『赤い天使』(66)、『夜の河』(56)、『斬る』(62)、『剣鬼』 (65)、『剣』(64)、『大菩薩峠』シリーズ3(6061)のほか全28作品

連動企画『Road to the Masterpieces
2023
16日〜角川シネマ有楽町で開催
※上映スケジュールなどは公式サイトを参照。

『大映4K映画祭』

03/カラオケの予約も忘れずに!
『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

不世出の歌姫と呼ばれた名歌手ホイットニー・ヒューストン。彼女の伝記映画『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY』が公開中。歌がうまい少女という街の人気者から、世界で愛される歌姫に成長するまでの彼女の軌跡が描かれています。当然のことながらヒット曲ばかりのサントラなので、鑑賞中にカラオケしたくてウズウズ。映画館に行く前に、カラオケの予約も欠かさずどうぞ。

ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY
ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

story 教会でゴスペルを歌い、その歌唱力で人気だったホイットニー・ヒューストン(N・アッキー)は、名プロデューサーのクライヴ・デイヴィス(S・トゥッチ)と出会う。そこから彼女の人生は大きく変わり......
監督:ケイシー・レモンズ / 出演:ナオミ・アッキー、スタンリー・トゥッチ、タマラ・チュニー、アシュトン・サンダース ほか / 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / 公開:現在、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー中

『ホイットニー・ヒューストン I WANNA DANCE WITH SOMEBODY

04/世界に目を向けて
『戦場記者』

不穏な世の中だからこそ、世界に目を向けて、身近な不安の原因を知るのって大事。そう思わせてくれるドキュメンタリーが『戦場記者』。TBS特派員として世 中の戦地を報道する須賀川拓さんが、自分の足で稼いだ生の映像と現地の声にプラスして、それを報じるにあたっての苦労などを綴ったドキュメンタリーです。TBSの報道番組ではおなじみの彼だけど、番組中のほんの数分では語り尽くせない裏があるってことも見事に描出。ちょっとお勉強しちゃいましょ。

戦場記者

story テレビ特派員として世界の紛争地を報じ続ける須賀川が、中東を中心に戦場の今をとらえつつ、その報道現場の裏側を描き出したドキュメンタリー
監督・編集・出演:須賀川拓 / 配給:KADOKAWA / 公開:現在、角川シネマ有楽町ほか全国順次ロードショー中
©TBSテレビ

『戦場記者』

05/“君僕”公開から5年記念企画
『君の名前で僕を呼んで〜5th anniversary〜』

ティモシー・シャラメの美貌を世界中に知らしめ、ファンを熱狂させた『君の名前で僕を呼んで』の公開からはや5年。それを記念してのイベント『君の名前で僕を呼んで〜5th anniversary〜』が開催されます。日本語・日本人キャストによる朗読劇という新たな趣向で、この物語を反芻しましょ、というファンなら絶対に逃せない企画。映画を何度も観た人でも、新しい魅力に気づくことができるイベントです。

君の名前で僕を呼んで

日時:2023127(19:00)2829(12:00/16:30)
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール
料金:全席指定¥9,680
原作:『君の名前で僕を呼んで』/ 脚本・演出:岡本貴也 / 出演:醍醐虎汰朗、阿部顕嵐
© Frenesy, La Cinefacture、© Culture Entertainment Co.,Ltd.

『君の名前で僕を呼んで』

text : Masamichi Yoshihiro

Pickup

Weekly ranking