FASHION

WED.08.10
2022

ENCIRCLE
モデル 大屋夏南による
新ブランド「エンサークル」が始動♡

ファッション、ビューティーなど幅広いジャンルで活躍する⼤屋夏南さんがクリエイティブディレクターを務める「ENCIRCLE(エンサークル)」が、この夏より始動しました!

透けにくく、肉感を拾わないタンクトップは、ワードローブのマストアイテム。タンクトップ¥7,700、パンツ¥25,300(共にENCIRCLE

「ありのままに⾃由でいるため」をテーマに、SNS等での発信を行う大屋さんのライフスタイルからインスピレーションを受け、「⼼地良さ」をコンセプトとした本ブランド。

ファーストコレクションとなる今回は、ワードローブに欠かせないタンクトップや、型や風合いにこだわったTシャツ、スエット等がラインナップ。また、全トップスは脇に縫い目のない「丸胴」という編み方を採用することで、縫製工程や生地のロスを最小限に抑え、見た目もすっきりとしたデザインに仕上がり、からだに馴染む着心地を実現。

背中には“i love you”の文字をオン。スエット¥19,800、パンツ¥25,300(共にENCIRCLE

他にも、日本に数台しか現存しない特殊な機械を使用して編み上げられるスエットは、表糸にオーガニックコットンを使用し、水を極力使用しない染色方法を採用したり、ダウンジャケット(トップでモデルが着⽤しているもの)の表地には、使⽤済みのペットボトルを回収して作るリサイクルポリエステル⽷、中のダウンには不要な⽻⽑布団を回収して洗浄したダウンを使⽤するなど、環境にも極力負担をかけないような製法を取り入れているそう。

肩の落ち感や袖の長さにこだわったニットは、お父さんが着るニットをイメージ。もたつかないよう首元や裾等のリブ部分は華奢見えするよう厚みの少ない素材を採用。ニット¥31,350、スエットパンツ¥17,600(共にENCIRCLE

さらにカシミア100%の古着ニットを粉砕して再度糸にして編み上げられたリサイクルカシミアを使用したニットを数量限定で発売。

デザインはもちろん、着心地もよく、永く愛用でき、環境負荷も考えられた〈ENCIRCLE〉。公式オンラインショップではすでに予約を開始しているのですが、すでに完売のアイテムも! 見逃し厳禁です。

ENCIRCLE 公式Instagram ENCIRCLE 公式オンラインショップ

otona MUSE S

Pickup

Weekly ranking