FASHION

THU.08.25
2022

メンズライクなスラックスを着まわす、
晩夏のリラクシングスタイル

真夏のおしゃれって、案外難しいもの。涼しさを優先してワンパターンになりがちだったりしますよね。すぐに買える新作をミックスしながら、ほんの少しフレッシュなスタイリングを楽しみませんか。

旬なセミフレアデニムを着まわし

着まわしたアイテムはコレ!
PROTAGONISTAのパンツ」

股上が深く、メンズライクな作りのゆったりとしたスラックス。ストンと落ちるラインが美しく、腰ばきしやすい旬アイテム。スラックス¥31,900(プロタゴニスタ/アマン)

ロゴ入りパンツとシャツで
クールなリラックススタイル

オーバーサイズシャツ×ゆるシルエットボトム、という一見難しいアイテム同士の組み合わせ。ところがシャツのカッティングによるヌケ感のおかげで、特に着こなしのコツなど必要なくバランスが取れてしまうスーパーコーデ。全体にメンズライクなので、アクセは大きめのものを選んで、女らしさを添えたいところ。

シャツ¥64,900(アンスクリア/アマン)、ネックレス¥206,800、ピアス¥61,600(共にソフィー ブハイ/エスケーパーズオンライン)、ローファー¥25,850(パスクッチ/エディットフォールル/ベイクルーズ カスタマーサポート)

あえてロゴTを投入して
とことんボーイッシュに

パンツのウエストロゴを生かして、トップスをイン。ロゴ×ロゴでちょっとストリートな方向性に。ノーアクセでも、華やかさがありますよね。パンツが太めなので足元にもボリュームがあるこんなTストラップローファーなどを選ぶとバランスが取りやすいはず。

Tシャツ¥15,400(アンスクリア/アマン)、Tストラップローファー¥69,300(へリュー/ショールーム セッション)

Tストラップローファー¥69,300(へリュー/ショールーム セッション)

やっぱり大好きモノトーンコーデ

ミューズの制服とも呼ぶべき、モノトーンコーデ。ブラックに少しだけホワイトをきかせたスタイルは、ウエストにポイントのあるこのパンツを主役にするのにピッタリ。小物にも色を差さずに潔くモノトーンで。

Tシャツ¥6,380(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店)、シューズ¥150,700(シー ロッシ/エストネーション)、バッグ¥24,200COURTNEY ORLA/エディットフォールル/ベイクルーズ カスタマーサポート)

いかがでしたか? まだまだ暑い日が続く晩夏のコーディネートの参考にしてみてくださいね。

photograph_MELON[tron management](model), MAYA KAJITA[e7] / styling_KASUMI KATOU / hair_KEIKO TADA[mod's hair] / make-up_AIKO ONO / model_RENA TAKESHITA

otonaMUSE 2022
9月号より

Pickup

Weekly ranking