FASHION

女らしいウエストシェイプのデザインが♡ 「マディソンブルーのジャケット」を着まわし【ベーシック派の長女・真由美の場合】

マディソンブルーのフランネルジャケットを使った着まわしコーディネート
オトナミューズ1月号では真由美・玲奈・栞里が三姉妹というちょっとワクワクした設定でお送りします。年齢も職業もファッションの好みも違う3人が12着という限られたワードローブを着まわす16日間。長女・真由美は「THE BASIC」が信条。 化粧品メーカーに勤め、マーケティング部で働く長女の真由美。年を重ねるうちに自然と、上質で飽きのこないシンプルな服を選ぶようになった彼女のワードローブは超ベーシック。色もモノトーン+αで揃え、常に品よくキレイめなコーディネートを意識―。「キレイなお姉さん」真由美のホリデーシーズンがスタート!
佐田真由美・竹下玲奈・佐藤栞里が姉妹に⁉【ミューズな三姉妹の夢見るクローゼット】「エブールのロングコート」でキレイめに着まわし【ベーシック派の長女・真由美の場合】

着まわしたアイテムはコレ!
「マディソンブルーのフランネルジャケット」

マディソンブルーのフランネルジャケット

暖かな風合いのウール素材で仕立てたフランネルジャケット。ウエストをシェイプしたシルエットが今年らしく、スタイルアップ効果を発揮。大きめのサイドポケットもポイントに。ジャケット¥132,000(マディソンブルー)

Day1
売り場リサーチに出かけ、
まるで脚が棒のように

今日はリサーチDAY。休み明けだし、日中ずっといろんな店舗を回っていたから、かなりお疲れです。夕飯はUberで済ませよ~っと。動きやすいようにデニムとローファー、でもきちんと見えるようにジャケットを合わせて。
マディソンブルーのフランネルジャケットを使った着まわしコーディネート

「こんな日は走れる靴とA4バッグが絶対!」ジャケット¥132,000(マディソンブルー)、ニット¥62,700(オーラリー)、デニムパンツ¥29,700(サードマガジン)、ピアス¥66,000(ソフィー ブハイ)、ネックレス¥58,300(ハルポ/共にエスケーパーズ オンライン)、バッグ¥176,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)、ソックス¥3,190(スウェーディッシュ ストッキング/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店)、ローファー¥33,000(カステラーノ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

Day2
仕事は半日休暇を取って
娘の学校行事へと急ぎます

娘の生活発表会があり、午前中に学校へ。制作物が素晴らしかった! このジャケットとスカートは、セットアップで着るときちんと感も出るし、暖かくって最高。ベルトでウエストマークしてもいい感じ。
マディソンブルーのフランネルジャケットを使った着まわしコーディネート

ジャケット¥132,000(マディソンブルー)、ニット¥62,700(オーラリー)、スカート¥97,900(マディソンブルー)、眼鏡¥38,500(エマニュエル カーン/アパルトモン 青山店)、バッグ¥176,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)、ベルト¥24,200(メゾン ボワネ/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店)、ブーツ¥56,000(2.718/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

Day3
大事な会議があるので
早めに出社して準備を

コーヒーを買って、いつもより1時間早く会社へ。人がいないオフィスって仕事がはかどるのね(笑)。会議仕様でシャツにジャケットと少々お堅めなので、通勤時はスカーフを。
マディソンブルーのフランネルジャケットを使った着まわしコーディネート

「ジャケットさえ着れば、大体OKだと思ってる(笑)」ジャケット¥132,000(マディソンブルー)、シャツ¥29,700(アパルトモン/アパルトモン 青山店)、パンツ¥13,000(プラステ)、スカーフ¥42,900(マディソンブルー)、バッグ¥203,500(ザンケッティ/エリオポール代官山)、ローファー¥33,000(カステラーノ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

Day4
仕事を早く切り上げて
部署の打ち上げ&忘年会へ

プロジェクトがいち段落したタイミングで部署のみんなと久しぶりの飲み会。たまの夜のお出かけなので、いつものジャケパンコーデにゴールドのアクセ&靴で気分を上げて。
マディソンブルーのフランネルジャケットを使った着まわしコーディネート

ジャケット¥132,000(マディソンブルー)、カーディガン¥28,600(エイチ ビューティ&ユース)、パンツ¥29,700(セオリー/リンク・セオリー・ジャパン)、ピアス¥506,000、チェーンリング¥123,200、太リング¥352,000(全てトーカティブ/トーカティブ 表参道)、バッグ¥126,500(ザンケッティ/八木通商)、パンプス¥35,200(ピッピシック/ベイジュ)

いかがでしたか? 次回は、「MADISONBLUEのドレスコート」を使った着まわしコーディネートをご紹介します。お楽しみに♡

photograph:SODAI YOKOYAMA[model], MAYA KAJITA[e7](still) / styling:KASUMI KATO / hair & make-up:KATO[TRON] / model:MAYUMI SADA

otonaMUSE 2023年1月号より

FASHION TOP

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE