FUROKU

FRI.02.25
2022

【4月号付録】
小田切ヒロさん監修
血色コスメ&ツール
完璧4点セットを使いこなそう!

226日発売4月号の付録は、ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさん監修のコスメが登場! これさえあれば血色感のある赤みニュアンスの目元が思いのままに。

「アイブロウとアイメイクに手をかけてあげるだけで、素敵なムードが漂って、素晴らしい出会いや出来事に引き寄せられていく…。決して大袈裟じゃなく目元を制するものが人生を制することができると思うんです」

そんなヒロさんの想いから、今回はアイゾーンにフォーカスした豪華4点をセットにしました。赤をキーワードにしたアイシャドウ、マスカラ、アイラライナー、そして使い心地を追求したアイブロウブラシ。付録をフル活用して、大人が纏うべきセンシュアルな赤みメイクを完成させちゃいましょう!

小田切ヒロ(オダギリ・ヒロ)
ヘアメイクアップアーティスト。ラ ドンナ所属。コスメを知り尽くしたからこその審美眼と圧倒的なセンスに加え、オリジナリティあふれるテクニックで大人気。ビューティシーンを牽引し続け、美プロの間でも話題沸騰中のYouTubeチャンネル「HIRO BEAUTY CHANNEL」やオンラインサロンもチェック。

では早速、豪華4点を徹底解説!

EYE SHADOW PALETTE
目元にも眉にも使える優秀パレット

4色のパレットはアイブロウパウダーとしても使える秀作。パールの輝きを詰め込んだ2色とマットな2色をセットしたアンニュイなスモーキーレッド系のグラデーションになっています。少々エッジをきかせながらも憂いのあるムードを大切にした絶妙なトーンもこだわりました」

COLOR MASCARA
カシスレッドのマスカラで
まつ毛&眉毛に色香を

「小洒落ていながら目元をきちんと締めてくれるのにヌケ感まで欲張れちゃうんです。こちらもまつ毛と眉毛どちらにも使用できるボーダレスなアイテムとなっております。液がすごく軽やかで、まつ毛や眉毛の素の質感をキープしながらメイクできるところもメリット」

COLOR EYELINER
女性ホルモンを注入!?
メタリックな赤ライナー

「目元に赤み、すなわち、血色感を宿した女性って、それだけで女性ホルモンが満たされているような表情になれることをご存じ?  魅力的なまなざしがワンストロークで叶うメタリックレッドです。白目も潤みますよ」

EYEBROW BRUSH
これだけでも買う価値ありな
アイブロウブラシ

「ブラシの太さ、硬過ぎずしなり過ぎない絶妙なコシ、持ちやすい長さ。使いやすさ&絶世の仕上がりを追い求めた結果誕生したのがこのブラシ。ハートにシンデレラフィットするものがないなら作っちゃいましょうという気持ちでお届けする渾身の1本です」

気になる使用感は?
編集Oが使ってみました!

アイシャドウパレットの左上から時計周りに塗っています。写真では分かりづらいですが、上2つは繊細なラメ、下2つは眉にも使えるマットタイプの異なる質感。これは捨て色なし。

右はアイライナー、真ん中はパレット右下のブラウンを使ってアイブロウブラシで線を引いてみました。ワンストロークでくっきりラインが完成します。左のモーブなレッドはマスカラ。つけた感じはよりナチュラルに程よい抜け感を演出してくれます。

目と眉のトーンを揃えてみるだけで、ぐっと洒落感のある目元が完成。眉にほんのり色をのせてみたり、カラーマスカラを差し色にしたり。メイクページではよく見かけるようになったけれど挑戦したことないな、という方にこそ是非使っていただきたい!

ああでもない、こうでもない…と、小田切ヒロさんと試行錯誤を重ね、満を持して送り出す自信作。オトナミューズ4月号は226日発売です。全国の書店、コンビニ、ネットショッピングから購入できます。みなさまどうぞお見逃しなく!

※発売日は地域によって異なる場合がございます。

4月号購入はこちら

hair & make-up:HIRO ODAGIRI[LA DONNA] /
photograph:YASUHISA KIKUCHI[vale.](model), ASA SATO, MAYA KAJITA[e7](still) /
model:MAYUMI SADA

otona MUSE O

Pickup

Weekly ranking