LIFESTYLE

FRI.06.10
2022

オトナミューズが選ぶ、
全国お洒落ホテル名鑑vol.2
「青山グランドホテル」【東京】

規制が緩和された2022年、そしてGWも終わり、連休もない6月は、なにかとタフな1カ月になりそう。5月病ならぬ「6月病」というワードまで出てきている昨今だからこそ、たっぷりご自愛する期間にしませんか?

オトナミューズ世代にオススメのお洒落なホテルをご紹介する本連載。第2回目の今回は、旧ベルコモンズ跡地に佇む青山の新たなランドマークとして生まれ変わった「青山グランドホテル」にフォーカス。

vol.1東京エディション虎ノ門 

ファッションやカルチャーのメッカ
青山・外苑前にオープン

青山の夜景を一望でき、遠くには東京タワーも。都内にいながら喧騒を忘れさせてくれるような眺望は必見。

80年代のヴィンテージマンションを思わせる複合ビル「ジ・アーガイル・アオヤマ」の上階にオープンした「青山グランドホテル」。レストランと一体型のレセプションで受付を済ませたあとは、レストラン脇にあるエレベーターで上階まで登ります。

ビル内の7フロアを占める全42室の客室は、スタンダードからスイートまで、5タイプが揃い、さらに青山を一望するシティビューと、ビル内で大切に育てられている竹林が面するガーデンビューの2タイプから選ぶことができます。

SUITE

シティビュータイプのスイートルーム。朝焼けの景色も素敵ですが、夜景は、ラグジュアリーな気分を一層感じさせます。

家具はモダンファニチャーブランドの「アルフレックス」が設置され、80年代の青山カルチャーをイメージしたムード。さらに廊下には、77年に発売されたチェア「NT」の当時のポスターが飾られているので、モダンながらどこか懐かしさを感じさせる空間となっています。

気になるアメニティには、日本のホテルでは初となる「オルタナ社」の、精油と日本の発酵技術に着目して同ホテルのために開発された特別なアイテムが用意されています。さらにフランスの最高峰織物ブランド「ガルニエ・ティエボー」のふかふかなバスローブは、実際に触れてみていただきたい極上の触り心地。

STANDARD

ガーデンビュータイプのスタンダードルーム。シェードから見える竹林が都会の喧騒を忘れさせてくれます。

世界各国の料理を楽しめる
充実したフードダイニング

もともとあった「ベルコモンズ」というビル名を冠した「ザ ベルコモ」は、オールデイダイニングとしてイタリアンを始めとした多国籍料理を提供しています。

ホテル滞在の楽しみといえば、食も外せませんよね。青山グランドホテルでは、朝食からランチ、ディナーまで楽しめるオールデイダイニングの「ザ ベルコモ」をはじめ、最上階に位置し、ウエディングなどプライベートパーティーにも利用できる「トラットリア アンドレア ロッシ」、カウンターでいただく日本料理「SHIKAKU|四角」、東京の夜景を一望できる大人のためのルーフトップバーなど、どの時間帯でも惜しみなく食が堪能できる作りになっています。

トラットリア アンドレア ロッシでは、原宿で文化を生んだ「クレープ」がスペシャリティのアフタヌーンティーが楽しめます。

さらに6月は、青山の景色を一望できるルーフトップにて、ヨガやピラティスが体験できる「Rooftop×YOGA / Pilates」が開催されます。朝のやわらかい日差しをたっぷり浴びながら、心身のバランスを整えられ、ヨガのあとは「ザ ベルコモ」にてシャンパンブランチが用意されるなど、リフレッシュしながら休日を堪能できる体験。

そして体験者からのリクエストにこたえて、なんと7月も開催されることが決定に!

開催される日に合わせてそれぞれ異なる講師が付くので、行くたびに楽しい発見がありそう。

コンパクトなお部屋もあるので、息抜きしたいときにはもちろん、リモートワークにも、特別な日には都内を一望するスイートでラグジュアリーな気分も味わえるので、いろんなオケージョンにも使える「青山グランドホテル」。ぜひ一度滞在してみて!

青山グランドホテル オフィシャルウェブサイト Rooftop × YOGA / Pilates について

otona MUSE S

Pickup

Weekly ranking