LIFESTYLE

食べてスッキリ、キレイに♡
腸活ごはんレシピ
【いかと夏野菜のグリル焼き&
にんじんと玉ねぎのピクルス】

腸は食べものの消化、吸収、排泄を担うだけでなく、からだ全体の60%以上の免疫細胞が集中する健康と美の要なんです。しかも善玉菌や悪玉菌など、健康を左右する腸内細菌の状態は、生活習慣と直結。発酵食品など、腸にきく食材を積極的に摂ることで、冷え、肌荒れ、肥満などを改善することも可能に。腸が喜ぶ食事を意識し、からだの内側から輝く美しさを手に入れましょう。
【豚肉とごぼうの甘酢煮&チンゲン菜のキムチ炒め】レシピ

【主菜】
いかと夏野菜のグリル焼き

ナンプラー風味のいかは、お酒のつまみとしても最高! 夏野菜は油をからめ、強火で焼いて乾燥を防ぎましょう。 材料(2〜3人分) するめいか …… 2はい(約400g) オクラ……6本 ピーマン(赤)……2個 A にんにくの薄切り……1かけ分 赤唐辛子(種を除いて5㎜幅に切ったもの)……1本分 ナンプラー、甘酒……各大さじ1 ごま油……大さじ1/2 サラダ油……大さじ2/3 レモン……1/2個 作り方 1. いかは足をわたごと引き抜き、足はわたとくちばしを除く。胴は軟骨を除いて洗い、ペーパータオルで水気をふいて、両面に1〜2㎝間隔で切り込みを入れる。 2. ボウルにAを入れ、混ぜ合わせる。1を加えて混ぜ、20分ほどおく。オクラはへたの先を切り落とし、がくのまわりをむく。ピーマンは縦半分に切ってへたと種を除く。オクラ、ピーマンをボウルに入れ、サラダ油をふりかけてからめる。 3. 魚焼きグリルに2の野菜を並べ入れて強火で熱し、こんがりと色づくまで4〜5分焼く。上下を返して3〜4分焼き、取り出す。2のいかを並べ入れて強火で熱し、こんがりと色づくまで3〜4分焼く。上下を返して2〜3分焼き、取り出して食べやすい大きさに切る。器に盛り、レモンを半分に切って添える。

【腸活食材!】「凝縮された旨みが後を引くナンプラーは、カタクチイワシなどの魚介を塩漬けした発酵調味料。乳酸菌を含み、腸内の善玉菌を増やす効果が期待できます。善玉菌を増やす甘酒は、下痢やおなかのハリにもききます」(腸活アドバイザー・小林晴佳さん)

【副菜】
にんじんと玉ねぎのピクルス

シナモンをきかせた、大人味のピクルス。にんじん、玉ねぎは加熱せずに調味液に漬け、歯ごたえを残すのがオススメ。 材料(作りやすい分量) にんじん……小1本 玉ねぎ……小1個 A 赤唐辛子……1本 シナモンスティック……1/3本 酢……1/2カップ 水……1/3カップ 白ワイン……大さじ2 粒こしょう……3〜4粒 塩……小さじ1/2 オリゴ糖……大さじ3 作り方 1. 小鍋にAを入れてさっと混ぜ、弱火で熱する。煮立ってきたら火を止め、オリゴ糖を加えて混ぜる。清潔な保存容器に入れ、冷ます。 2. にんじんはあれば波状に切れるナイフで、厚さ5㎜の輪切りにする。玉ねぎは縦半分に切り、1㎝幅のくし形に切る。 3. 12を加え、冷蔵室で2〜3時間漬ける。

【腸活食材!】「酢は悪玉菌を減らして、善玉菌の活動を促し、腸を健やかな状態へと導きます。排便が促されることで活性酸素の発生が抑制され、疲れにくいからだに! オリゴ糖は善玉菌の代表格“ビフィズス菌”のエサとなり、増殖をサポートします。ビフィズス菌が増えると腸の動きが活発になり、便秘解消にも効果的」(腸活アドバイザー・小林晴佳さん)

腸活アドバイザー・小林晴佳さん
アパレルブランドの販売、プレスを経て、2013年からフリーランスPRに転向。さまざまなブランドのPRとして活躍する傍ら、腸活アドバイザーとしても活動中。

いかがでしたか? 次回は腸活食材、きのことヨーグルトを使ったレシピをご紹介します。

cooking:EIKO OHBA / photograph:YASUO NAGUMO / styling:YOKO IKEMIZU / text:HIROKO NAKADA

otonaMUSE 2022年7月号より

LIFESTYLE TOP

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE