LIFESTYLE

THU.06.30
2022

ごま油でお馴染みの「かどや製油」による
初のカフェ『goma to(ゴマト)』が
自由が丘にオープン!

617日に自由が丘にオープンしたばかりのカフェ『goma to』をご存じでしょうか? ごま油で有名なかどや製油さんが手がけるカフェなのです。

NEW STANDARD
をコンセプトに掲げたこちらのカフェではごまを使ったメニューを楽しむことができるのですが、それがどれも美味しそう。一度は足を運んでみたい注目のお出かけスポットをご紹介します。

フードメニューは、下北沢の人気レストラン「Salmon&Trout」の中村拓登シェフが監修。まずはランチにぴったりなフードメニューからチェックしましょう。提供される料理はごまの魅力をふんだんに生かした香り高さが特徴。いりごま、すりごま、ねりごま、焙煎度合いが異なるごま油など、多種多様なごま料理を楽しむことができるgoma toプレートは必食のシグネチャーメニュー。その他にも発酵レモンごま油を使ったそうめんや、ごまの搾りかすを食べて育った豚のプルドポークサンドイッチなど、その日の気分にあわせて様々なごまメニューが楽しめます。

goma to プレート(デリプレート、もちもち食感の揚げごま豆腐、マグロ節ふりかけご飯 がセットに)」季節毎に変わる9種類のデリを味わうことができるプレートメニュー。まだ見ぬごまの魅力をぜひ体験あれ。¥1,800

「発酵レモンごま油と小豆島そうめん」マグロ節で取った出汁に、かどやの太白ごま油に漬け込んだ発酵レモンのソースをかけて味変。夏にぴったりの一皿。¥1,200

さらに食後のおやつにぴったりなスイーツメニューも豊富にラインナップ。おかずだけでなくスイーツにも応用できるごまの魅力を存分に味わい尽くすことができます。

「黒ごまモンブラン」濃厚な黒ごまクリームと一緒にメレンゲの食感やごま油の香りを味わえる。ごまづくしのイチオシスイーツ。¥850

ドリンクももちろんごまがメイン。左:「季節のごまシェイク」 白ごまベースにココナッツミルクとパイナップルをミックスした爽やかな一杯。¥730 右:「黒ごまバナナシェイク」黒ごまとバナナを組み合わせた王道のシェイクは腹持ちも抜群。¥730

テイクアウト限定スイーツも!「白ごまアイスクッキーサンド」人気のアイス屋さんBIG BABY ICE CREAMによる白ごまを使用したオリジナルアイスフレーバー。白ごまの香りとミルクが混ざった濃厚な味わい。¥600

goma to限定「ごま油」

そしてここでしか買えないgoma to SESAME OILシリーズにも注目を。これまでかどや製油がプロフェッショナル向けに販売してきたごま油を別の角度から見直し、一般家庭向けに新しいごま油の使い方を提案するこのシリーズは全3種展開。goma to限定の発売です。

オリーブオイルのようにドレッシング感覚で、和洋中問わず様々な料理のアクセントとして使うなど、楽しみ方は無限大。

左から:SESAME OIL 01 LIGHT 」淡い風味に仕上げたごま油。ほのかで甘くやさしいごま香味。「SESAME OIL 02 MILD 」マイルドな風味に仕上げたごま油。ほろ苦い味わいで、まろやかな香り。「SESAME OIL 03 STRONG」ごまを強く煎り上げたビターな味わいのごま油。すっきりとシャープなごまの焙煎香味。すべて¥650

シリーズ3種とは別に、量り売りスタイルの油種の販売もあり。ごまを煎らずに搾ったかどやの太白ごま油とごまを強く焙煎して搾った濃口ごま油をブレンドしてオリジナルを作るなんてことも。まさにごまのテーマパークと呼ぶのに相応しい場所。

goma to
が入ったアーブル自由が丘にはスペシャルティコーヒーの名店「ONIBUS COFFEE」、神宮前に本店があるワインのセレクトショップ兼ワインバー「VIRTUS」も併設されており、一度は立ち寄ってみたい注目の施設。食の新たな楽しさを見つけに皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね。

SHOP DATA
東京都目黒区緑が丘2-24-8
アーブル自由が丘
営業時間 11:00 - 21:00
電話番号 03-6459-5959
不定休

goma toインスタグラム

otona MUSE O

Pickup

Weekly ranking