LIFESTYLE

WED.07.27
2022

【ミューズレシピ】
子どもも喜ぶ辛くない韓国料理
「ねぎのジョン」

たっぷり入ったねぎのサクッとした食感と、薄い卵生地の組み合わせが秀逸な「ジョン」。辛みの効いたメニューの多い韓国料理ですが、ジョン自体に辛みは一切ないので、これならお子さんでも食べやすいはず。フルーツをふんだんに入れた甘酢だれは、りんごやマスカットなど、季節のフルーツや野菜でアレンジ可能。唐辛子の量はお好みで調整してくださいね。

ねぎのジョン

材料(2~3人分)
万能ねぎ…… 1
ピーマン(赤)…… 1 / 2
あさり(むき身)…… 5 0 g
卵…… 3
薄力粉……大さじ2
塩……小さじ1 / 4
ごま油……小さじ3
甘酢だれ……適量

※甘酢だれの作り方
①パプリカ(黄)1/4 個、紫玉ねぎ1/8 個は1.5 ㎝角に切る。すもも1 個は8等分、ミニトマト(青)2個は4等分のくし形に切る。

②ボウルに1 、しょうがの薄切り45枚分、とうがらしの小口切り(赤、青)各1 / 4 本分、しょうゆ、黒酢各大さじ3を入れ、混ぜる。
※保存の目安/冷蔵で約2日 合う料理/豚しゃぶサラダ・冷や奴・焼き魚


作り方
①万能ねぎはフライパンの大きさに合わせて長さ23等分に切り、ピーマンはへたと種を除き、薄い輪切りにする。あさりは塩水(分量外)でふり洗いし、ペーパータオルで水けをふく。バットに万能ねぎを入れ、薄力粉をまぶす。

②別のバットに卵を割り入れ、塩を加えて溶きほぐす。フライパンにごま油小さじ2を中火で熱し、万能ねぎを卵液にくぐらせてから入れる。あさりは❶のバットに入れて薄力粉をまぶし、卵液にくぐらせてから万能ねぎの上にのせる。ピーマンを散らし、残りの卵液を流し入れて焼く。

③フライパンのフチからごま油小さじ1を回し入れる。焼き色がついてきたら、上面を軽くおさえながら裏返し、焼き色がつくまで焼く。粗熱が取れたら食べやすい大きさに切り、「甘酢だれ」をつけていただく。

ちょっと面倒でも焼くフライパンの幅に合わせて、ねぎをカットすることが、キレイな仕上がりにするコツ。ねぎをバットに入れる際、根元側がどちらかに偏らないよう、バランスを見ながら向きを調整して。

焼き上がったら、まずねぎの流れに沿うように切ると、キレイに切り分けられます。

cooking:SHIZUKO KOH
photograph:MIYUKI FUKUO
styling & text:HIROKO NAKADA

otona MUSE K

Pickup

Weekly ranking