LIFESTYLE

THU.10.07
2021

木津明子のこども食堂日記vol.1

JR根岸線、横浜駅から約20分のところにある洋光台駅。駅前のまちまどレンタルスペースの中に、「こども食堂レインボー」はあります。オープンは月に2日。昼ごはん30食、夜ごはん30食。

ずらりと並ぶカラフルなお惣菜、お魚とお肉のメインディッシュのワンプレートごはん。日によってメニューは変わりますが、家庭的で親しみやすく、栄養価の高い食事をいただくことができます。広めの廊下ではこども達がわたあめやかき氷をつくってくれます。

2021
8月にこの食堂は開店しました。
店主は『otonaMUSE』はもちろんモード雑誌からタレントのスタイリングまで幅広く活躍しているスタイリスト木津明子さん。売れっ子スタイリストである彼女がなぜ、こども食堂をやってみようと決心したのか。今回は、開業に至るまでの過程を木津さんからお話しいただきます。

手伝いに駆けつけてくれたみんなと。

手伝いにきてくれたみんなと。当初は一人でもやる! と意気込んでいたけれど、友人&知人、家族の助けなしでは運営できないことを痛感。

今、私ができることをやる

「こども食堂を始めたきっかけの1つは、私自身がシングルマザーになったこと。児童手続きをする中でシングルマザーの置かれている厳しい環境、それに伴いどうしてもこども達だけで過ごす時間があることに気づき、今私が出来ることをやるぞ! と決めました。

やるぞ! と決めて、何から手をつけたら良いかもわからないうちに、まずは場所がないと始まらないと思い、物件探しをスタートしました。たくさんの友人と話し、はじめて色んな活動があること、様々な家庭のこども達の話を聞く機会が増えていきました。

物件探しに難航していたとき、洋光台の“町の窓口まちまど”さんからレンタルスペースをお借りできることになり、まちまどのスタッフ、地域のケアプラザの方とお話しをして色々な情報をもらい、少しずつ、こども食堂のビジョンが見えてきました。

友人と話をしていたとき『表参道のフリースクールで食育を教えている、料理家の寺本りえ子さんのところに行ってみたら?』と紹介してもらうことに。早速フリースクールを手伝いに行き、こども達が食べやすいメニューや発酵食品の大切さなどを教えてもらいました。そして今、りえ子さんにアドバイスをいただきながら、料理を作っています。

(
※寺本りえ子さんは食育インストラクターとしても活動中。表参道にあるフリースクール「GIFT SCHOOL」で、こども達に食事を提供する活動を行っている)

Instagram
を作り支援チケットを販売しはじめ、たくさんの方に支援チケットを買っていただいたり、応援のメールをもらったりして本当にうれしかった。支援チケットを販売しはじめたとき、リディア(PR会社)の本田美奈子さんからメールをいただき、お米を支援していただくことに。私の姉の友人で秩父でカフェをやっている井原さんファミリーからお野菜を、プレスの山崎さんのご実家からお味噌を支援していただいています。

私が『こども食堂やろうと思ってる』と相談をしていた友人たちが、『何日だよね? お手伝いにいくね!!』と自然と集まってくれて、1人ではできなかったとオープンの日にグッと胸が熱くなったことは一生忘れません。

初日は宣伝がいきとどいてなくて、おにぎりを60個も握ったのにチーン……というランチタイムになりそうで焦り、私と息子でチラシ配りに駅前やスーパーを走りまわっていたのですが、チラシを配ったファミリーがすぐに来てくれたり、話を聞いてくれたり、食べて、美味しい! って言ってもらえたり、本当にうれしかったです。

話したり発信をすることで、こんなにたくさんの人のパワーが集まって繋がっていき、私や一緒に働いてくれる仲間たちのパワーになっています。こども食堂レインボーを開けたことに本当に感謝しています。ありがとうございます!! BIG LOVE!!

次回につづく。

こども食堂レインボー、次回は1016日土曜日に開催予定です。
Instagram kodomorainbow


寄付していただいてる材料を使って試行錯誤。大量のごはんの仕込みも徐々に慣れてきました。

新鮮な野菜は、埼玉県秩父にあるカフェMAPLE BASEさんが送ってくださっています。プリっぷりのつやっつや!@maplebase_chichibu

美味しいお味噌は丸久味噌さんから。温かなお味噌汁は食堂に欠かせないので、本当に助かっています。

PR会社リディアを主催する本田美奈子さんが送ってくださってるお米。みんなに支えられています。@minakolydiahonda

こども食堂への寄付はこちらから

otonaMUSE K

Pickup

Weekly ranking