LIFESTYLE

WED.10.13
2021

続:炊飯器でできる 炊き込みご飯レシピ 
「照りしょうゆの焼きさばご飯」&
「干し貝柱とれんこんのご飯」

前回は週末のご馳走にぴったりのパエリアをご紹介しましたが、今回は平日の夕飯の一品にオススメしたい手軽なレシピを2品ご紹介します。

照りしょうゆの焼きさばごはん

脂がのったさばは香ばしく焼き、風味豊かなしょうゆと組み合わせるとコクのある味わいに。三つ葉とゆずの香りが加わると、至福の一杯になります。

材料4人分)

米……2
さば(三枚におろしたもの)……1尾分
塩……適量
三つ葉……1

A
しょうゆ、酒、みりん……各大さじ1
砂糖……小さじ1/2

ゆずの皮(すりおろす)……適量

 

作り方

①米をといでざるに上げ、30分ほどおいて水けをきる。

②さばは塩水(分量外)で洗って水けをふき、4㎝幅のそぎ切りにする。塩少々をふり、魚焼きグリルでこんがりと色づくまで45分焼く。

③バットにAを合わせ、②を熱いうちに加えてからめる(残ったAは取っておく)。

④炊飯器の内釜に①を入れ、水を2合の目盛りまで注ぎ入れる。塩小さじ1/2をふって③を並べ、ふつうに炊く。炊き上がったら1㎝幅に切った三つ葉を加え、しゃもじで底から返すようにしてさっくりと混ぜる。残ったAを回しかけて器に盛り、ゆずの皮を散らす。

さばが熱いうちに調味料とからませることで、味をしっかりと含ませることができます。

続いて2品目

干し貝柱とれんこんのごはん

消化を助け、胃腸を保護してくれる“れんこん”は、食欲がないときにもオススメです。うまみが凝縮した干し貝柱と合わせ、素朴な味わいに。

 

材料4人分)

米……2
干し貝柱……810
れんこん……1節(200250g
塩……小さじ1/3
しょうゆ……適量
パクチー……適量

作り方

①干し貝柱は洗い、たっぷり水に浸してひと晩おき、干し貝柱ともどし汁に分ける。

②米をといでざるに上げ、30分ほどおいて水けをきる。

③れんこんは皮をむいて縦半分に切り、めん棒などでたたいて大きめのひと口大に割る。

④炊飯器の内釜に②を入れ、①の戻し汁2合分(360㎖)を加えて塩をふり、さっと混ぜる。③、干し貝柱を加えてふつうに炊き、炊き上がったらしゃもじで底から返すようにしてさっくりと混ぜる。器に盛ってしょうゆをかけ、23㎝の長さに切ったパクチーを添える。

 

やや高価な干し貝柱は、もどし汁ごとしっかり活用! うまみをごはんに吸わせましょう。

cooking:SHIZUKO KOH / photograph:MIYUKI FUKUO /styling&text:HIROKO NAKADA/ cooperation:UTUWA

Pickup

Weekly ranking