LIFESTYLE

TUE.09.06
2022

[ミューズレシピ]
3つの具材で手軽に作る!
絶品炊き込み&混ぜご飯3

急に気温が下がってきましたね。スーパーに並ぶ食材も秋めいてきました。待望の食欲の秋の到来! 明日のメニューはもりもり食べられる簡単炊き込み&混ぜご飯はいかがでしょう? 味付きごはんは、白米とはまた別のおいしさですよね……🤤 手軽なのにごちそう感もあって、世代を問わず喜ばれるはず。お弁当にもぴったりですよ♡

にんにく醤油味が後をひく!
3種のきのこの混ぜご飯」

きのこは冷蔵庫にあるものでもちろんOKですが、2〜3種類混ぜると奥行きのある味わいになるのでオススメです。カラカラになるまで炒めると、味付けが決まりますよ。

材料(2人分)
ごはん……1合分
しいたけ……6
まいたけ……1/2パック
しめじ……1/2パック
にんにく……1/2
オリーブオイル……大さじ2
塩……小さじ1/2

A
しょうゆ……大さじ1
練りわさび……小さじ1/3

大葉……4

作り方
①しいたけは石づきを切り落としてから四つ割りにし、しめじは石づきを取ってほぐす。まいたけはほぐす。

②にんにくはみじん切りにする。Aは混ぜておく。

③フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火にかけ、香りが出たら❶を加え、よく炒める。

④塩を加え、Aをまわしかけてひと混ぜし、火を止める。

⑤熱いごはんに❹を加えてさっと混ぜ、器に盛り、千切りにした大葉を飾る。

おもてなしにもいい洒落た味わい!
「赤ワインの炊き込みご飯」

ベーコンときのこの芳醇な香りに思わずお腹がなる一品。赤ワインを入れる量が多く驚くかもしれませんが、大丈夫。分量を守ってくださいね! 味わいに深みが出て洒落た洋風な味わいに仕上がります。

材料(2人分)
米……1
エリンギ……1
マッシュルーム……6
ベーコン(ブロック)……50g

A
赤ワイン……100
しょうゆ……大さじ1

作り方
①米は研いでざるに上げ、水を切る。

②エリンギは3㎝の長さの薄切りにし、マッシュルームは薄切りにする。

③ベーコンは5㎜幅に切る。

④炊飯器に❶を入れ、Aを加えて1合分の目盛りまで水を加えてひと混ぜする。❸、❷の順にのせて炊く。

⑤炊き上がったら、鍋底から返すようにざっくりと混ぜる。

 

手軽でにできるのに本格派!
「ビリヤニ風炊き込みご飯」

鶏肉に下味でつけた塩味が効いているので、ほぐしてご飯と混ぜてからいただくと全体が程良い塩味になります。粒の黒こしょうを噛んだときのピリッとした刺激がアクセントになって、病みつきに。冷めてもおいしいご飯です。

材料(2人前)
米……1
鶏手羽元……4本(250g
塩……小さじ1
玉ねぎ……1/4
じゃがいも……1/2
パクチー……1
オリーブオイル……大さじ11/2

A
クミンシード……小さじ11/2
粒黒こしょう……小さじ1/2
にんにく(みじん切り)……1/2
しょうが(みじん切り)……1

カレー粉……小さじ1/2

作り方
①米は研いでざるに上げ、水を切る。

②鶏手羽元は骨のキワを包丁で刺し、塩をすり込んで1時間ほどおく。

③玉ねぎはみじん切りにする。じゃがいもは皮つきのまま5㎜厚の半月切りにし、水に10分さらす。パクチーは葉を分けておき、茎と根はみじん切りにする。

④フライパンにオリーブオイルを入れ、Aを入れて炒め、香りが立ったら玉ねぎを加え、きつね色になるまで炒める。❶と❷、じゃがいもカレー粉を加え、油が全体に回ったら火を止める。

⑤炊飯器に1と水180㎖と塩小さじ1/2(分量外)を入れ、❹とパクチーの茎と根を順にのせて炊く。

⑥炊き上がったら、鍋底から返すようにざっくりと混ぜる。器に盛り、パクチーの葉を飾る。

 

cooking :NORIKO SHIRAI[GOHANDOMEI]
photograph:HIDEO SAWAI
styling:YURIKO KUBO
text:SHIORI FUJII

otona MUSE K

Pickup

Weekly ranking