LIFESTYLE

SAT.11.05
2022

フリーアナウンサー 小山瑶の
海外生活 in Germany
Epi.10
「街を歩く ケルン編」

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン

ドイツ・フランクフルト在住でフリーアナウンサーの小山瑶さんが、現地で暮らすからこそ得られるディープで旬な情報を教えてくれる連載。アナウンサー、そしてジャーナリストとしての視点を交え、ドイツの情報をいろんな角度から伝えていただきます。コラムを掲載してから早くも今回で第10回目! 今回は、誰もが知るケルンをご紹介します。

ケルンの象徴
世界遺産のケルン大聖堂へ

ベルリン・ハンブルグ・ミュンヘンに次いで人口が多い都市、ケルン。1世紀にローマ人の植民地でもあったことからラテン語で植民地を意味する「Colonia」が語源となり、現在のケルンという名前になっているそうです。ライン川の中流に位置し、陸上・水上の要所として栄えてきました。ちなみにオーデ・コロンの発祥の地でもあるんですよ。

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン

現在の大聖堂は実は3代目。1代目は4世紀ごろ完成したものの火災や空襲による被害を受け、13世紀からの着工から今の姿までになるまで600年以上もかかったのだとか。市民や国王からの多額の寄付を受け完成したそう。

そんなケルンで誰もが知っている建築物が〈ケルン大聖堂〉。1996年に世界遺産に登録され、ドイツ三大大聖堂のうちのひとつです。ケルン中央駅前の広場に出てすぐ、目の前にそびえたつ大聖堂の圧倒的なスケールに、誰もが驚くはず! 写真を撮ろうとしても画角に収まりきらないほど大きく、今まで見てきた大聖堂の中でもその大きさはトップクラス。それもそのはず、高さ157m、奥行き144m、幅86m。ゴシック様式の建築物としては世界最大を誇ります。ドイツ国内でも観光客数は一番多く、外国人観光客だけではなくドイツ人からも人気なんだとか。

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン

大聖堂のみ入場無料。隣の南塔にある500段以上の螺旋階段を登ると展望台もあります。他にも教会にまつわる貴重な品々を展示する宝物館もあり、見どころもたっぷり! ちなみに駐車場は写真の大聖堂の地下にあります。

聖堂内の円天井とアーチを描くかのような建物構造は、まるで天へ導くかのような壮大さ。大きな窓にはめ込まれたステンドグラスに差し込む光は神々しく、息をのむ美しさでした。この日はミサが行われており、聖堂内は言葉にできないほど神聖な空気に包まれていました。

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン

13世紀に完成したと言われている、色鮮やかで細かな造りのステンドグラス。新約聖書の内容やキリストの誕生の様子などを表しているそう。

まるで夢の世界⁉
リアルチョコレート工場に潜入

私の大好きな映画のひとつに『チャーリーとチョコレート工場』があります。初めて見た時の衝撃と夢の詰まった作品に、私もいつかこんなところがあったら行ってみたい! と思ったのを、今でも鮮明に覚えています。チョコレートは世界共通、きっと誰もが大好きなスイーツ。そんな夢と希望が詰まった世界がケルンにあると知ったときは、嬉しくてたまりませんでした。

ケルンにあるのは、スイス発祥のLindt(リンツ)チョコの博物館「Schokoladenmuseum」です。1993年にできたこの博物館は毎年60万人近くが訪れるほど大人気で、今ではケルン市内で最も訪問者の多い文化施設となっています。

そんな博物館の内部を、今回はたくさんの写真と共にお届けしていきたいと思います。

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン チョコレート工場

ライン川に浮かぶライカウ半島の上に建てられた博物館。外観が船の形をしていて、全面ガラス張りという特徴のある造りになっていました。橋を渡って博物館に向かいます。

チョコレートミュージアム
気になる内部に潜入!

チケットは窓口での購入の他、オンラインでも購入することができます。入場料は大人が13.5€。博物館の扉が開いた瞬間、ぷわ〜っと生暖かいチョコレートの甘い香りがしてきました。入場とともにリンツチョコが貰えるという、なんとも嬉しいおもてなしも。施設は3階まであり、チョコレートの原料についての歴史やリンツチョコがこれまで販売してきた商品の展示のほか、商品がどのように作られているのか、私たちの手元に届くまでの過程を知ることができます。

①商品の原料配分や歴史の展示エリア

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン チョコレート工場

個人的にリンツチョコのバニラが大好きです。バニラは一目瞭然ですが、ミルクとダークでこんなにも配合に違いがあるとは思っていませんでした。他にもカカオ豆の5000年にわたる歴史の説明などもありました。

②製造エリア

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン チョコレート工場

製造エリアでは、カカオ豆の粉砕、混合、圧延、コーティング等の一連の工程を見ることができます。なかには、ベルトコンベアにのせられた出来立てほやほやのチョコレートを試食できるコーナーもありました。

③袋詰めエリア

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン チョコレート工場

商品を袋に詰める最後の作業は人の手によって行われていました。こちらでは毎日約400㎏ものチョコレートを生産しているそうです。私たちが食べるリンツチョコレートは、多くの人の手間とたくさんの時間が詰まっているんだと実感できました。

④夢のチョコレートファウンテンエリア

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン チョコレート工場

美術館の目玉がこのチョコレートファウンテン。美術館のために作られたこのファウンテンは、常時200㎏のチョコレートを使用しています。もちろんリンツチョコレートの原液そのもの。ウエハースに付けて試食させてくれました。

⑤お土産エリア

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン チョコレート工場

3€でできるチョコレートガチャのような機械や、昔ながらのチョコレートのパッケージフィギュアも展示されていました。最新のものと昔からあるものの組み合わせが、なんとも趣のあるチョコレートショップのようでした。

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germanyケルン

ケルンから車で1時間ほど南下するとBohn(ボン)という町があるのですが、ドラゴン伝説のお城があると知り帰りに寄りました。紅葉も相まって本当に綺麗でした。ドイツは城も有名。おとぎ話に出てくるようなところばかりです。

サマータイムが終わり、日本との時差は8時間に。日没も早く、夕方6時には外はもう真っ暗。ドイツ在住者はこの時期になると「ビタミン剤買った?」と口を揃えて尋ねてくるそう。多くの人が日光を浴びられる時間が少ないために、ビタミン剤を服用しているんだとか。私も買わなくては!

そして、もうすぐクリスマスの時期。ドイツといったらクリスマスマーケットですよね。11月は各地のクリスマスマーケットを巡る予定なので、その様子もコラムでお伝えしますね。ぜひお楽しみに!
Vielen Dank!

Schokoladen museum Lindt
Rheinauhafen 1a, 50678 Koeln

Schokoladen museum Lindt Instagram
小山瑶

Profile
小山瑶(こやまはるか)/山形県のテレビ局で4年間アナウンサーとして勤務し、今年4月からフリーアナウンサーに転身。(ニチエンプロダクション所属)ドイツ・フランクフルトで勤務する夫に帯同。暮らしぶりをS N Sで綴っている。

text : HARUKA KOYAMA

Pickup

Weekly ranking