LIFESTYLE

SUN.11.06
2022

【楽しておいしい毎日ごはん】
寒い日はスープで温ったまろ〜
『手羽元、せり、豆もやしのスープ』と
『小松菜の簡単キムチ風』レシピ

『手羽元、せり、豆もやしのスープ』と『小松菜の簡単キムチ風』

気温が下がってくると、からだが温まる料理が恋しくなってきますよね。今回は、シンプルな味つけで、鶏肉の旨みを生かした滋味深いスープをお届けします。塩味ベースのさっぱりとしたスープは、直接ごはんにかけて食べるのも美味です。

今月の一品は
『手羽元、せり、豆もやしのスープ』

ミューズレシピ 手羽元、せり、豆もやしのスープ

「鶏肉はしっかり煮ることで旨みが引き出され、骨からの身離れもよくなる!」大庭英子先生

材料(23人分)

『手羽元、せり、豆もやしのスープ』と『小松菜の簡単キムチ風』材料

鶏手羽元・・6本(約400g
豆もやし・・1袋(約200g
せり・・1

A
にんにく・・1かけ
しょうがの薄切り・・小1かけ分
しょうがの皮・・小1かけ分
赤唐辛子・・1
酒・・大さじ3
塩・・小さじ1

こしょう・・少々
ごま油・・大さじ2/3
温かいごはん・・好みで適量

①煮る

手羽元、せり、豆もやしのスープ

手羽元は室温に30分〜1時間おく。鍋に手羽元、水5カップを入れて中火で熱し、煮立ってきたら弱火にしてアクを除く。Aを加えてふたをし、2030分煮る。★煮立ったら鶏肉のアクをキレイに除いて。雑味のないスッキリとしたおいしさに!

②切る

豆もやしはさっと洗って水気を切り、せりは長さ3cmに切る。★手羽元を煮ている間に野菜を準備しておくと、調理を効率よく進められる。野菜は仕上げに加え、食感を残すと◎。

③仕上げる

①を中火にし、豆もやしを加えて混ぜる。再度ふたをして、しんなりとするまで3分ほど煮る。せりを加えて混ぜ、こしょう、ごま油を加えて火を止める。器に盛り、好みでごはんを添える。★豆もやしは、歯ごたえが残る程度に煮ればOK。せりは火を通しすぎないように注意して。茎から入れるのもコツ。

素材ひとつの副菜
『小松菜の簡単キムチ風』

小松菜の簡単キムチ風

小松菜はゆでずに、熱湯をかけることがポイント! シャキシャキ感を残しつつ、漬け込んだような味わいに。

材料(34人分)
小松菜・・1束(約200g
塩・・23g
コチュジャン・・小さじ1/4
酒・・小さじ1

A
一味唐辛子・・小さじ1/4
白いりごま・・少々

作り方
1_小松菜は長さ3cmに切り、盆ざるなどに広げる。

2_
湯を沸かしてに回しかけ、粗熱を取る。水気を絞ってボウルに入れ、塩をまぶして30分ほどおく。

3_
別のボウルにコチュジャン、酒を入れて溶きのばし、の水気を絞って加え、和える。Aも加え、和える。

教えてくれたのは、大庭英子先生
料理研究家。手軽で美味しい家庭料理の名手。ゴッドハンドを持っているとまことしやかに言われている。近著は『家の和食はシンプルでいい』(学研プラス刊)。

cookingEIKO OHBA / photographKEIICHIRO MURAGUCHI / stylingMARIKO NAKAZATO / textHIROKO NAKADA

otonaMUSE 2022
12月号より

Pickup

Weekly ranking