LIFESTYLE

FRI.11.25
2022

【ママ編集者のリアルなオススメ】我が家の除菌事情、紹介します!

マルチクリーンウォーター

コロナの影響で、除菌することが当たり前になりましたね。けれどいろいろと、神経を使いますよね。いろいろな除菌アイテムが次々に登場している中、どんなものを選べばいいのか……、子どもにも安全かなどなど。一歳児がいる我が家(編集H)もアレコレ試しておりますので、ご参考になるといいなと思い、オススメを紹介させていただきます!

牡蠣殻と水だけで作った
自然由来成分100%の除菌剤

Re:shell(リシェル)

使われているものが、なんと牡蠣殻と水だけというこちら「Re:shell(リシェル)」!  最初「え、本当にこれで除菌できるわけ?」と怪しんでいたのですが(笑)。どうやら牡蠣の殻を焼成後、微粉末化し水に混ぜることで、新しいウイルスを99.99%除去できる強アルカリ性の水になるんだそう。しかも、使用している牡蠣の殻は瀬戸内沿岸の特産物の牡蠣の廃棄される殻を利用しているとのことで、サスティナブルな観点からしてとっても共感できるものでした。アルコールフリー、ノンケミカルで自然由来成分100%の除菌剤なので、小さな子どもがいる我が家でも安心して使えちゃう。玄関・キッチンまわりを中心にシュッシュしています。50mLの方はバッグに入れて携帯する用に。

Re:shell(リシェル)」のサイトはこちら!

食品の洗浄には
このふたつをスタンバイ

べジセーフ、クリーンコーラル

欲をいえば全てオーガニックの食材で揃えたいところなのですが、金額を考えると、それもなかなか難しいですよね。ということで、我が家はこのふたつで洗浄するようにしています。「クリーンコーラル」は食への考え方で感銘を受けた、スタイリストさんにオススメしてもらったもの。こちらも貝の粉などが主で、これを水に溶かしたボールに野菜やお魚、お肉を浸けておくと、農薬や放射線物質の吸着を除去できるという! アメリカやEU諸国に比べ、日本の農薬使用量はかなりのもの、という話は有名で。悲しいことに、ただ水で洗うだけでは泥やホコリくらいしか落ちません。いちごをこれに浸すとびっくりするくらい水の色が変わってちょっと怖くなる……。我が家では基本的にこちらを使用し、ちょっと浸している時間がないときやすぐに食べたいときは、直接スプレーして流すタイプの「べジセーフ」、と使い分けています。からだに入れるものだからこそ、きちんと除菌したい!

クリーンコーラルのサイトはこちら! べジセーフのサイトはこちら!

ベビー用品の除菌は
マルチクリーンウォーターを

マルチクリーンウォーター

コスメキッチンで購入できるマルチクリーンウォーターは、この手のことにもお詳しいヘアメイクの菊地美香子さんからいただいて、それ以来3年近くリピ買いしています。アルコールは薬品を一切使用しないお水100%の電解水で、除菌・消臭ができるというもの。気になるところにスプレーするだけで、イヤな臭いも見えないバイ菌・ウイルスも除菌してくれちゃうそう。成分が無味無臭の水だけなので、子どもが生まれたときからベビー用品の除菌はこちらを使っています。汚れやすいプレイマットはもちろん、おもちゃやぬいぐるみのお掃除にも役立っています。スヌーピーのパッケージも可愛くてお気に入り♡

 

マルチクリーンウォーターのサイトはこちら!

otona MUSE H

Pickup

Weekly ranking