LIFESTYLE

フリーアナウンサー 小山瑶の海外生活 in Germany Epi17「ドイツの温泉施設に潜入!」

ドイツの温泉に潜入!
ドイツ・フランクフルト在住でフリーアナウンサーの小山瑶さんが、現地で暮らすからこそ得られるディープで旬な情報を教えてくれる連載。ドイツで2回目の春を迎えるとあって、これまでよりも「ドイツに住んでいるからこそ! フランクフルトにいるからこそ!」な情報を伝えてくれます。今回は、ドイツの入浴文化について。実はドイツは日本と並ぶ温泉大国だった!? 驚くべき温泉施設の内部に潜入。普段なかなか見られない新たなドイツの文化をご紹介します。
前回のドイツ通信はコチラ

実はお風呂好き?
日本と違う文化に衝撃!

空前のサウナブームの昨今、“サ活” “整う”といった類の言葉をよく聞くようになりましたよね。そんななか「ドイツには温泉やサウナがあるのかな?」と思って調べてみると、たくさんあることが判明。日本人としては行ってみなければ! と思い立ち、先日足を運んでドイツ流の温泉を体験してきました。
日本との関わりがあるバートホンブルグにある施設

ヘッセン州の中でも高級住宅街と言われるバートホンブルグにある温泉施設。施設の入り口には日本語で書かれた盟約書の案内板がありました。日本との関わりがあったとは驚きです。

ドイツには日本のようにお風呂に浸かるという文化はなく、シャワーのみ。こうした背景があるからこそ、多くのドイツ人が日本の話になると、必ず「I love ONSEN」と口を揃えて言います。温泉はからだにもよいですし、最大のリラックスタイムですよね。日本にいたときは、週1回は温泉に入るくらい大好きだったのですが、ドイツに来てから全くと言っていいほど湯船に浸かれていなかったので、とても恋しく思っていました。 日本の温泉! とまでは言えませんが、フランクフルトから電車で30分ほどのBadhomburg(バートホンブルク)にある入浴施設、Taunus Therme(タウヌステルメ)で温泉感を味わってきました! 地名にあるBadはドイツ語で温泉地を意味します。バードホンブルグは、19世紀半ばから温泉業が興り、カジノの建設により大いに利益をあげたこと背景に、国際的にも有名な温泉保養地になったそうです。ドイツで温泉保養地のことをクアハウスと言いますが、日本で聞いたことがあるのではないでしょうか。実はドイツ発祥の言葉でもあるんですよ。自然の力(温泉)を借りて、健康増進を行う場所や施設のことを指します。
日本をイメージした外観

ドイツとは思えない外観。実は日本をイメージして建設された施設なんだとか。瓦屋根や朱色に塗られた門や柱。思わず日本に来たような疑似体験ができました。

タウヌステルメの料金案内

朝9時から夜10時までやっていて、料金はサウナと温泉合わせて2時間19ユーロからです。1日チケットもあり、29ユーロでした。2時間でも充分楽しめましたよ。

出入口やロッカーのカギはICチップ型

出入り口のゲートを開けたり、ロッカーの鍵になるI Cチップを受け取ります。改札みたいですよね。

入るとすぐ男女混合の更衣室があります。男女混合!? とびっくりして、ドイツ人に混合で合っているのか聞いてしまいました。
ドイツの男女混合の更衣室

手前にいる男性と奥で化粧を直す女性たち。この構図は日本ではなかなか見られないと思い、思わずパシャリ。

施設内は非常に広く、温泉エリア(水着着用)とサウナエリア(水着着用禁止)に分かれています。
ドイツの温泉施設内

なかには、レストランやお土産ショップ、カジノ、休憩所があり一日中楽しめると大人気です。

温泉エリアはジャグジーや流れるプールのような温泉も屋外にありました。温度は30℃前後と、日本でいう温水プールのような温かさでで、大人から赤ちゃんまで幅広い世代が集っていました。残念ながら、お湯の成分に特徴はないようでした。
ジャグジーや温水プールのような温泉

まるで日本の某ホテルの雰囲気にそっくり! 日本の温泉施設を参考にしているのかな? という造りが随所に感じられました。

男女混浴⁉
水着着用禁止⁉

思わずこのタイトルに衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。嘘ではなく、本当です。ドイツのサウナや入浴施設では、男女混浴で水着を着用せずに入るという、日本の温泉のイメージを覆す驚くべき文化があります。 サウナの中では男女・年齢関係なく、全員が真っ裸! 日本を離れる前からこの文化を知っていたのでドキドキはしつつも、いつか挑戦したいと思っていたので念願の夢が叶いました。入る前は少し渋ってしまう自分がいたのですが、時間が経つにつれて環境に慣れてきて恥じらいなどは全くなくなっていました。不思議です。ただ、運よく? 日本人がいなかったからかもしれませんね。
Free Body Cultureの看板

看板にある「FKK」は、「Frei Koerper Kultur」の略。英語で「Free Body Culture」の意味。衣服の高速から身体を解放して全裸になる文化です。日本では18禁の施設というイメージが強いかもしれませんが、FKKは文化用語なんですよ。

中央に赤くなっているのが、岩盤浴のできるベッド台。30度ほどのあったかい板が張り詰められていてその上で横になって寝るというのが定番スタイルです。
ドイツの岩盤浴のベッド台

サウナ室によっては、アロマのミストが出ている部屋もあったりと種類が豊富でした。

サウナの部屋以外ではバスローブやタオルに身を包み、思い思いゆっくりとした時間を過ごします。

サウナの部屋以外ではバスローブやタオルに身を包み、思い思いゆっくりとした時間を過ごします。

比較的ドイツのサウナは熱すぎないのが特徴で、最高で50℃でした。ドイツのサウナでは「板に汗をつけてはならない」というルールがあるそうで、タオルをしっかり敷いて腰をかけることが徹底されています。ドイツの入浴施設を利用される方は、バスタオルとビーチサンダル、水着は忘れずに! おまけですが、街にはラングラフェン城があり、ウェディングフォトを撮るカップルや多くの観光客が訪れていました。14世紀には要塞として活用されていたそうです。このお城の庭園には鮮やかな花や巨大松があったりと見どころ満載でした。
ラングラフェン城と小山さん

通称ホワイトタワーとも言われ、今では街の象徴として親しまれています。お城の中もチケットがあれば見ることができますよ。

今回はドイツの温泉に潜入しました。国内で最も有名な温泉地は、ヴィースバーデン。ヨーロッパで最も古い温泉地と言われています。クアハウスの中にはカジノがあり、なんと世界で最も賭けられるルーレットがあるそうです。ドイツの温泉は日本の温泉と違って、王族貴族や文化人の社交の場であったともいえます。温泉ひとつをとっても全く違う文化に驚きます。ぜひちょっぴり不思議なドイツの温泉を感じてみてはいかがでしょうか? Danke!
Taunus Therme
小山瑶

Profile
小山瑶(こやまはるか)/山形県のテレビ局で4年間アナウンサーとして勤務し、2022年4月からフリーアナウンサーに転身。(ニチエンプロダクション所属)ドイツ・フランクフルトで勤務する夫に帯同。暮らしぶりをSNSで綴っている。

text : HARUKA KOYAMA

LIFESTYLE TOP

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE