LIFESTYLE

なす入り肉みそがあとひく美味しさ。岩手の名物料理「じゃじゃ麺」をおうちで楽しもう【レシピ】

大庭英子先生の「じゃじゃ麺」

ボリューミーな具材と麺をからめて食べれば、ひと皿でお腹も心もしっかり満たされます。見た目も華やかで、食べごたえもあるメニューはおもてなしにも重宝! マンネリになりがちな麺の調理バリエーションがぐっと広がり、おうちごはんが充実しますよ。

今日のひと皿は『じゃじゃ麺』

大庭英子先生の「じゃじゃ麺」

なす入りの肉みそと麺が混ざり、後を引くおいしさに。岩手の名物料理が手軽に楽しめるのもうれしい。

(材料)2人分
ゆでうどん(または冷凍うどん)......2玉
豚ひき肉......150g
ゆで卵(半熟)......1個
なす......2個
きゅうり......1/2本
もやし......1袋
ごま油......大さじ1/2
赤だしみそ......60g
長ねぎの斜めせん切り......適量
ラー油......好みで適量
A
長ねぎのみじん切り......6cm分
にんにくのみじん切り......1かけ分
B
酒......大さじ2
砂糖......大さじ1
水......大さじ3

(作り方)
なすはへたを除き、1.5cm角に切る。きゅうりは長さ4cmのせん切りにする。ゆで卵は殻をむき、縦半分に切る。

フライパンにごま油を中火で熱し、ひき肉を入れてほぐしながら炒める。肉の色が変わってパラパラになったら、なすを加えてしんなりとするまで炒める。Aを加えてさっと炒め、みそを加えて炒め合わせる。Bを表記順に加えてふたをし、弱火にして汁気を飛ばしながら10分ほど炒める。

鍋に湯をたっぷり沸かしてうどんを入れ、袋の表示通りにゆでる。再度煮立ったらもやしを加え、1〜2分ゆでてざるに上げ、水気をきる。器に盛って❷、きゅうり、ゆで卵、長ねぎをのせ、好みでラー油をかける。

大庭英子先生の「じゃじゃ麺」

POINT ひき肉となすはしっかり炒めて水分を飛ばすことで、味がぼやけない! 赤だしみそのコクも引き立ち、濃厚な味わいになる。

高山かづえ先生の豚しゃぶ肉レシピもおすすめ!

cooking_EIKO OHBA photograph_YASUO NAGUMO styling&text_HIROKO NAKADA
otona MUSE 2023年11月号より

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE