LIFESTYLE

オトナミューズ編集部

オトナミューズ編集部

自己採点しよう! 30代から知っておきたいオトナミューズ更年期講座【基本とチェック編】

ライフステージによる女性ホルモンの変動グラフ

30代から知っておきたいオトナミューズ更年期講座【基本とチェック編】

いずれは誰もが通る道、更年期ー実はプレ更年期も含めると、30代後半から徐々に突入し始めている?  そこでドクターに直撃!更年期の正体やミューズ世代が今から取り組んでおきたい対策をたっぷりとうかがいました。

sample


〈お話をうかがったのは…〉

医学博士・産婦人科医 善方裕美先生

よしかた産婦人科院長・医学博士・横浜市立大学産婦人科客員准教授・女性ヘルスケア専門医。約30年間、更年期症状に悩む女性の治療やカウンセリングを行ってきた経験を持ち、メディアなどを通して、更年期世代がよりよく日々を過ごすためのノウハウを伝える活動を行っている。著書に『女医が教える 閉経の教科書』(秀和システム)などがある。

よしかた産婦人科

閉経は生殖からの解放! 特別な病気ではありません

 そもそも更年期とは?「閉経の前後5年を含む約10年間のこと。個人差は大きいものの、日本人の平均閉経年齢はおよそ50歳なので、45歳から55歳くらいが更年期ということになります。なお、医学的定義ではいつ閉経したかは後追いで分かるもの。月経が来ない状態が12カ月続いたときに1年前を振り返って“あの時点で閉経したんだ”と判断します」

 

 では更年期の不調が起きるメカニズムって?「卵巣が寿命を迎え、女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が急激に減ることで起こるのが更年期の諸症状。エストロゲンの受容体はからだ中にあり、必要な量のホルモンが受容体に届くことで正しく機能しますが、エストロゲンが不足すると本来の機能を果たせなくなり、からだのあちこちに不具合が生じるのです。また、ホルモンが分泌されないことで卵巣にエストロゲンの分泌を指示している脳の下垂体が過剰反応し、自律神経が乱れて不快症状(ほてりなど)に。でも全ての人に症状が出るわけではありません。しかも更年期症状は病気ではなく、一定の期間を過ぎれば治まるので、過剰に怖がらなくて大丈夫です。ただひとつ心に留めておきたいのは、更年期を迎えた心身はそれまでとは違い、とてももろくなっているということ。自分を労るライフスタイルへとシフトすべき時期だと知ってほしいですね。その先には生殖に振り回されずに自分らしく生きられる、次のライフステージが待っています」

【把握しておきたい更年期、基本のキ】

実は30代後半から女性ホルモンの分泌量は少しずつ減少し、からだは静かに変化し始めている。プレ更年期から更年期、そしてアフター更年期に私たちのからだに起こることをグラフからスタディ!

ライフステージによる女性ホルモンの変動グラフ

35歳以降:プレ更年期と呼ばれる時期。個人差はあるものの生理周期が乱れる人が出始める。40歳〜:生理周期の乱れを実感する人が増加。卵巣機能が徐々に衰えエストロゲンの変動によって体調にゆらぎを感じやすくなる。45歳〜:エストロゲンは変動しながらも急降下。疲れやうつ、肌の乾燥などを実感する人も増える。50歳前後:多くの人が閉経を迎え、膣や外陰部の萎縮が本格化。55歳以降:骨粗鬆症や高脂血症などの生活習慣病リスクが増加。

あなたは今、どの状態?
セルフCHECKにトライ

まずは今のコンディションを確認してみて!  ただしここで出た点数は人と比べるものではなく、あくまで自分の体調を知るためのもの。こまめにCHECKして、自身の日々のからだの変化を把握するための目安に。

更年期のセルフCHECK

東京医科歯科大学方式

〈更年期指数の自己採点の評価法〉

0~25

上手に更年期を過ごしています。これまでの生活態度を続けていいでしょう。

 

26~50

食事、運動などに注意を払い、生活様式などにも無理をしないようにしましょう。

 

51~65

医師の診察を受け、生活指導、カウンセリング、薬物療法を受けたほうがいいでしょう。

 

66~80

長期間(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。

 

81~100

各科の精密検査を受け、更年期障害のみである場合は、専門医での長期的な対応が必要でしょう。

illust:AKIKO HIRAMATSU text:CHIHIRO HORIE

otona MUSE 2023年12月号より

WRITER

オトナミューズ編集部

37歳、輝く季節が始まる! ファッション、ビューティー、カルチャーや健康など大人の女性の好奇心をくすぐる情報を独自の目線で楽しくお届けします。

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE