LIFESTYLE

渋佐 和佳奈

渋佐 和佳奈

伝説のギャングも楽しんだ、シカゴの夜を発展させた「ジャズ」カルチャーって?

【フリーアナウンサー渋佐和佳奈CHICAGOライフVol.6】シカゴのツウな夜の過ごし方。ジャズとシカゴの深い繋がり

アメリカ・シカゴに住み1年半が経つフリーアナウンサーの渋佐和佳奈さんが、現地に暮らすからこそ感じる魅力や旬なトピックスをお届け! 今回はシカゴと実は深い繋がりを持つ「ジャズ」について紹介します。ジャズ発祥の地であるアメリカ南部のニューオリンズから、どのようにシカゴへジャズ文化が流れ込み発展していったのか? またシカゴの夜を彩るオススメジャズクラブまで、たっぷりとお届けします。

「シカゴジャズ」はどのように確立されたのか?
ギャングとの意外な関係

独特なリズムで奏でられるジャズは、どこかでおしゃれで「大人の音楽」というイメージがありますよね。今ではカフェやバーなどのBGMでよく流され、私もリラックスしたいときにかける大好きな音楽ジャンルです。そんな魅力的なジャズに、シカゴに来てからより触れる機会が増えました。

 

ジャズの歴史を振り返ってみると、1900年ごろアメリカ南部に位置するニューオリンズで誕生したと言われています。ニューオリンズは港に面していることから、人種の交流が盛んな街。植民地時代にフランスやスペインなどから移住したヨーロッパ人や、奴隷制度の時代にアフリカから連れてこられた黒人が多く在住していました。そして、その黒人と白人の間に生まれた混血人種の「クレオール」と呼ばれる人たちによる、西洋とアフリカ音楽の融合こそが「ジャズ音楽」の発祥と言われています。ニューオリンズではプロのジャズミュージシャンが誕生し、世界的にも発展していくと思われていたところ、第一次世界大戦によってその多くが職を失います。そこで彼らがたどり着いた先が、産業都市として急成長を遂げていたシカゴだったのです。

アメリカ南部のニューオリンズから、北へ約1500km先のシカゴへ。

バーでの生演奏によりミュージシャンの需要が高まっていただけではなく、1920年から13年間続いたある法律によって「シカゴジャズ」は大きく発展していきます。それは「禁酒法」と呼ばれる、アメリカ国内でのアルコール飲料全般の製造や販売を違法とする法律。しかし現実は、非合法の酒場で質の悪いアルコールが出回り、アンダーグラウンドを牛耳るギャングの勢力を拡大させるものでした。しかも当時のシカゴは、かの有名なアメリカを代表するギャング「アル・カポネ」の支配下であったため、カポネをはじめとしたギャングがオーナーのスピークイージー(秘密酒場)が多数存在しました。当時カポネは、シカゴ市内に1万軒以上の酒場を所有していたそうです。多くのジャズミュージシャンたちがギャングたちに雇われ、そういった酒場のステージに立つことで、シカゴにジャズが根付いていったそうです。

 

「サッチモ」の愛称で親しまれたジャズの王様 ルイ・アームストロングも、ニューオリンズからシカゴに移住し、スターロードを歩んでいったひとりというから驚き。他にも数多くの有名ジャズミュージシャンがシカゴを舞台に活躍し、禁酒法と共に開花し成長していった「シカゴジャズ」。専門的なことはわかりませんが、当時のシカゴジャズの特徴は、ジャズの大元であるニューオリンズジャズと比べると、曲の途中でそれぞれの楽器のソロが確立され、リズム感がよくスウィングリズムを楽しめるスタイルとのこと。

シカゴダウンタウンにある「Harry Caray’s」は、現在人気のイタリアンステーキレストランですが、100年前はアル・カポネの右腕フランク・ニッティが住んでいた建物で、ギャングの隠れ家兼スピークイージーでした。

現在もレストランの地下に行くと、当時ギャングたちがシカゴの街を出入りするために使われていた地下トンネルの入り口や金庫を見学することができます。

余談ですが、なぜ禁酒法時代に生まれた秘密酒場のことを「Speakeasy(スピークイージー)」と言うのかというと、隠れてお酒を提供しているため「大きな声では言えないけれど……」「こっそり、ひそひそと話して、まわりに聞かれないように……」という意味が込められているからだそうです。シカゴには当時の形跡が残っているお店や、酒屋として今なお続くバーがいくつかあるので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

また、毎年8月末から9月初めにかけてシカゴ中心地にあるミレニアムパークで「Chicago Jazz Festival」というイベントが開催されます。なんと入場無料! 夏の終わりの気持ちいい天気の下、本格的なジャズを楽しめる世界最大規模の野外ジャズコンサートです。

1974年に始まった歴史あるイベント。期間中、様々なジャズアーティストがステージに立ち、連日大盛況。

本場のサウンドに酔いしれる
有名ジャズクラブを堪能するシカゴの夜

音楽が好きな方もそこまでではない方も、楽しめること間違いなしのシカゴの夜のツウな過ごし方。観光で歩き回って疲れたからだに、夜は大人モードでジャズの音色に身を委ねるのはいかがでしょうか? シカゴには数多くのジャズクラブがあり、連日極上のジャズを楽しむことができます。ここからは、私が訪れた歴史あるジャズクラブを2店ご紹介!!

Green Mill(グリーン ミル)

シカゴのダウンタウンから車で15分ほど北上した先にある、緑とゴールドに輝く看板のネオンが目印。人通りが多くないエリアのため、行き帰りはUberを利用することをおすすめします!

1907年にオープンした老舗で、前述したアメリカを代表するギャング、アル・カポネがよく訪れていた酒密売店。スピークイージー兼ギャングたちの隠れ家として使われていた店内は凝ったアンティークの内装で、100年前にタイムスリップしたかのような不思議な感覚を味わえます。ギャングたちに遭遇するのではないかと、思わず想像してしまうほど!

予約は受け付けておらず、来店した順に着席。ステージが始まり少しするとあっという間に満席になるため、余裕を持ってお店に到着するのがおすすめです。

曜日ごとにバンドが替わり、20時から21時ごろまでファーストステージ、その後30分ほど休憩を挟み、セカンドステージが始まります。パフォーマンスと休憩を繰り返しながら深夜まで演奏を楽しめます。演奏者はほとんどの場合、写真に映る正面ステージに立ちますが、毎週日曜は店内中央にあるバーカウンターの中から演奏したり、火曜と木曜はダンスを楽しむこともできたり、曜日によって違う雰囲気を楽しめます。

日曜日は、バーカウンターの中から演奏。演奏開始30分前に到着しましたが、特等席のバーカウンターは埋まっていました。

写真右側にある半円のソファ席が、カポネの指定席だったとか! お店の人になぜこの席だったのか尋ねると「この席から正面と裏の出入り口がよく見えて、万が一警察が来た場合にすぐ逃げられるから」とのこと。

そんな歴史を感じられるGreen Millを訪れる際の注意点をふたつご紹介。21歳以上であることを証明するIDを提示しなければいけないので、パスポートなどのIDをご持参下さい。入り口で入場料$10を支払い、着席してからドリンクなどをオーダーするシステム。キャッシュレス社会のアメリカですが、ここは現金オンリーのためご注意を!

Green Mill

Jazz Showcase(ジャズ ショーケース)

シカゴダウンタウンから南へ10分車を走らせたところにあります。このエリアもあまり治安がよくないため、行き来はGreen Mill同様、Uberなどの配車サービスの利用がオススメ。

1947年に、ジャズをこよなく愛し、その魅力を広めた功績者ジョー・シーガル氏によって建てられた老舗ジャズクラブ。現在は息子のウェイン・シーガル氏が経営しています。これまで「モダンジャズの父」とも呼ばれるチャーリー・パーカーなどジャズ界の大物たちが多くステージに立ち、壁には過去に演奏したミュージシャンのポスターやサインが飾られています。私が訪れたときも、2度グラミー賞を受賞したことのあるサックス奏者ゲイリー・バーツのライブでした。有名ミュージシャンだけではなく、地元の大学と連携して若いミュージシャンに演奏する機会を与えたり、日曜は16時からステージを行ない、12歳以下の入場を無料にしたりと、ジャズを愛したシーガル氏ならではのジャズへの愛情、普及への想いが伝わってくる温かさも魅力のひとつ。

チャーリー・パーカーの大きな写真が印象的なステージ。「洗練された大人のジャズクラブ」という感じの落ち着いた雰囲気の中、じっくりと音楽を楽しめます。

チケットは公式サイトから事前に購入できますが、170席近くある席は連日満席になる人気ぶり! ステージによっては早めに売り切れてしまうため、購入はお早めに! 出演アーティストや開演時間の情報は公式サイトに掲載されています。

Jazz Showcase公式サイト

さて、今回はシカゴと深いつながりを持つジャズについて紹介しました。ジャズの歴史を振り返っても、発祥の地ニューオリンズに次ぐ重要な土地といっても過言ではないシカゴ。そんなシカゴでの夜は、歴史あるジャズクラブでゆったりと生演奏を楽しむ……、まさにotona MUSE世代の女性にぴったりな過ごし方ではないでしょうか。シカゴの豊かな文化を彩る上で欠かせないジャズを、私も今後も楽しんでいきたいと思います。

 

今年もいよいよ残すところ約1カ月。次回は、街が煌めくクリスマスシーズンのシカゴについてお届けします!

アメリカ・シカゴの 楽しすぎる秋の風物詩3選

text : WAKANA SHIBUSA

WRITER

渋佐 和佳奈

渋佐 和佳奈

渋佐 和佳奈(しぶさ わかな)/宮城県のテレビ局で3年半、WOWOWで5年間アナウンサーとして勤務し、2022年4月からアメリカ・シカゴでの生活をスタート。長年スポーツに携わり、シカゴでもメジャーリーグ・シカゴカブスのリポートを経験するなど、現在もフリーアナウンサーとして活動中。SNSでは趣味のスポーツ観戦や暮らしぶりを投稿している。

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE