LIFESTYLE

オトナミューズ編集部

オトナミューズ編集部

【塩豚レシピ保存版】3日寝かせるだけ!茹でても焼いても炊いても美味しい口福の「塩豚」を作ろう

飛田和緒先生の「塩豚」レシピ

豚かたまり肉に塩をすり込むだけで、あとは時間がおいしくしてくれる塩豚。まずは基本に忠実に作ってみてください。使った調味料が塩だけとは思えないほど、豚肉のおいしさが存分に引き出された味わいはまさに口福! 家庭料理のレベルを底上げしますよ。

塩の分量は豚肉の重量の1%が基本。丸3日おいて、4日目に食べるのがベスト!

飛田和緒先生の塩豚

材料(1個分・作りやすい分量)

豚肩ロースかたまり肉

豚肩ロースかたまり肉......500g
塩......5g

①量る

豚肩ロースかたまり肉 塩豚のレシピ

豚肉の重さを量り、重量の1%の塩を用意する。★豚肉が500gの場合、重量の1%の塩は5g。塩は精製されたものではなく、旨みや甘みを感じられる岩塩や天日塩などを使うと◎。

②塩をまぶす

豚肩ロースかたまり肉に塩をまぶす 塩豚レシピ

豚肉はペーパータオルで水気をしっかりと拭き、塩を全体にすり込む。★豚肉は余分な水分を拭き取り、臭みをおさえて。岩塩や天日塩をすり込むと、かたまり肉の中まで味が入り、おいしく仕上がる。

③熟成させる

豚肩ロースかたまり肉を熟成

②をラップでぴったりと包んでポリ袋に入れ、バットなどにのせる。冷蔵室に入れ、3〜4日おく。★空気が入らないようにラップでしっかり包むと、塩の浸透がよくなる。塩豚から水気が出るので、ラップで包んでから袋に入れ、バットにのせて。

NEXT PAGE

cooking:KAZUO HIDA / photograph:MIYUKI FUKUO / styling:KANAKO SASAKI / text:HIROKO NAKADA
otona MUSE 2023年 4月号より

LIFESTYLE TOP

EDITOR

オトナミューズ編集部

37歳、輝く季節が始まる! ファッション、ビューティー、カルチャーや健康など大人の女性の好奇心をくすぐる情報を独自の目線で楽しくお届けします。

SHARE

  • x
  • facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

Pickup

Weekly ranking

VIEW MORE