LIFESTYLE

WED.01.05
2022

年末年始のご馳走続きに飽きたら……
技ありTKG(卵かけご飯)はいかがでしょ!

年末年始に普段は封印していた暴飲暴食した皆様! ここしばらくは簡単なご飯で胃も心も休めましょう。とはいえ、お粥じゃ力が出ない……という方にオススメしたいのはこの変化球TKG(卵かけご飯)です。どれもあっという間にできて、唸る美味さ。朝にも昼にも、夜にも嬉しいスピードメニューご紹介しますね。すべてのレシピのコツは卵に“塩ひとつまみ”をふること。味が引き締まり、どんな具材とも合わせやすくなるんです。

一品目は
「パルメザン黒こしょう」

意外な組み合わせに思うかもしれませんが、これぞ、ご飯版のカルボナーラ!一口食べると、真意が伝わるはず。パスタのようなコツは一切なしの手軽さが嬉しい。黒こしょうがキリっといい仕事をしてくれますので、お忘れなく♡

材料(1人分)&作り方

温かいごはん適量にパルメザンチーズ(すりおろす)大さじ1/2をふり、卵1個を割り入れる。卵に塩ひとつまみをふり、さらにパルメザンチーズ(すりおろす)大さじ1/2、オリーブ油小さじ1/2をかけ、粗びき黒こしょう適量をふる。

2品目は、ほっとする味
「のりごまみそ」

なぜ今まで醤油一辺倒だったんだろうと、不思議に思うほど、卵にみそが驚くほど合うんです。みそのコクがより深くなり、卵のまろやかさと相まってたまらない美味しさ。大人は 七味を多めに振るのがオススメです。

材料(1人分)&作り方

温かいごはん適量に卵1個を割り入れ、塩ひとつまみをふる。みそ小さじ2、焼きのり(ちぎったもの)1枚をのせる。七味唐辛子適量、白いりごま大さじ1をふる。

最後は映える一品を
「サーモンディルケッパー」

ワインと合っちゃう、TKGかこちら。見た目以上にお洒落な味で、箸が進みます。ホームパーティの〆にお出しするのも一興ですよ。冷蔵庫にお正月のサーモンが残っていたら、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人分)&作り方

温かいごはん適量にスモークサーモン(23等分に切ったもの)23枚をのせ、卵1個を割り入れて塩ひとつまみをふる。ケッパー(軽く刻む)大さじ1、ディル(葉)適量を散らし、オリーブ油小さじ1をかける。

cooking:KIYOMI KOBORI / photograph:YUMIKO MIYAHAMA / styling&text:HIROKO NAKADA

Pickup

Weekly ranking