LIFESTYLE

SAT.01.22
2022

紀ノ国屋の厳選アイテムで
作る冬の簡単ご馳走レシピ♡
【よだれ鶏&里いものゆず塩ポテサラ】

冬の食卓を華やかにレベルアップしてくれる、頼もしいアイテムが紀ノ国屋には勢揃い! 手間や時間をかけなくても、家族や友人が喜んでくれる料理があっという間に整います。今日は、鍋つゆを使った「よだれ鶏」と「里いものゆず塩ポテサラ」のレシピをご紹介します。

「よだれ鶏」

鶏肉は1分ゆで、余熱で火を通すのがポイント。一切パサつかず、驚きのしっとり感に!

材料(2人分)

「豆乳鍋つゆ」……1袋(40g
鶏もも肉……1枚(約300g
長ねぎ……1/3
酒……大さじ1
米酢……大さじ1
ラー油……適量
パクチー(葉)……適量


作り方

1. 長ねぎは長さを半分に切って1/2量を鍋に入れ、残りを粗みじん切りにしてボウルに入れる。

2. 1
の鍋に鶏肉を加えて水をひたひたになるまで注ぎ、酒を加えて中火で熱する。煮立ったらふたをして弱火にし、1分ゆでて火を止める。そのまま10分ほどおき、余熱で火を通す。

3. 1
のボウルに「豆乳鍋つゆ」、米酢を加え、混ぜ合わせる。

4. 2
の鶏肉を1㎝幅のそぎ切りにして器に盛り、3とラー油をかけてパクチーを添える。

使用した商品はコチラ♡
「豆乳鍋つゆ」

まろやかな豆乳と練りごまに、香り高い信州の白みそを合わせた鍋つゆの素。昆布、削り節、ほたて、しいたけなどのうま味もプラスし、上品でコクのあるおいしさに。120g40g×3袋) ¥270

「里いものゆず塩ポテサラ」

里いもの潰し加減はお好みで。全て潰すとふわっとした食感になり、粗く潰すとボリューミーに。

材料(4人分)

「塩ゆず鍋つゆ」……1袋(40g
里いも……400g
三つ葉……1/2束(20g
くるみ(ローストタイプ)……30g


作り方

1. 里いもは流水でよく洗い、水けを軽くきって耐熱皿に平らにのせる。ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)で7分~730秒加熱し、取り出してそのまま2分ほどおく。熱いうちに皮をむき、ボウルに入れる。

2. 1
のボウルに「塩ゆず鍋つゆ」、水大さじ2を加え、フォークで粗く潰すようにして混ぜ合わせ、そのまま冷ます。

3.
三つ葉を2㎝幅に切り、くるみは粗く刻む。2に加え、さっと混ぜ合わせる。

使用した商品はコチラ♡
「塩ゆず鍋つゆ」

濃縮タイプの鍋つゆの素は、1人分ずつ小分けになっていて個食用にも家族用にも便利! 国産のゆずと天日塩を効かせた、爽やかな味わいがクセになります。120g40g×3袋) ¥270

いかがでしたか? 紀ノ国屋の商品で気軽に本格的な料理を楽しんでみてくださいね♡

cooking:MASAYUKI MURAYOSHI / photograph:YASUO NAGUMO / styling&text:HIROKO NAKADA

otonaMUSE 2022
2月号より

Pickup

Weekly ranking