LIFESTYLE

SUN.02.06
2022

楽しておいしい毎日ごはん
2
月の一品&副菜レシピは、
4色キンパ」と「小松菜のスープ」

今月の一品
「4色キンパ」

にんじんは千切りにして味付けをしない、卵は厚めに焼くだけ‥‥など、みんなが大好きなキンパを手軽に作れるレシピでご紹介! きゅうりは塩もみをして水っぽさをおさえると、ごはんともなじみやすくなって美味です。具材を巻くときは、ごはんの手前と奥(端と端)をくっつけるようにして、勢いよく巻くと失敗しませんよ。

「具材の汁けでごはんが柔らかくならないよう、食べる直前に巻いて!」大庭英子先生

材料(2人分)

温かいごはん‥‥500g
牛切り落とし肉‥‥200g
きゅうり‥‥1
にんじん‥‥小1本(100g
卵‥‥2個
塩‥‥適量
ごま油‥‥少々
焼きのり(全形)‥‥3
白いりごま‥‥少々

A
長ねぎのみじん切り‥‥大さじ2
にんにくのすりおろし‥‥少々
しょうゆ‥‥大さじ11/2
酒、ごま油‥‥各大さじ1
こしょう、一味唐辛子‥‥各少々

B
ごま油、白いりごま‥‥各少々

下ごしらえ

牛肉は細かく切ってボウルに入れ、Aを加えてもみ込み、室温に10分ほどおく。

きゅうりは5mm幅の斜め切りにし、せん切りにする。別のボウルに入れて塩少々をふって混ぜ、室温に10分ほどおいてしんなりとさせる。さっと洗って水けを絞り、ボウルに戻し入れてBを加え、混ぜ合わせる。

にんじんはスライサーでせん切りにする。

小さめのボウルに卵を割りほぐし、塩少々を加えて混ぜ合わせる。

作り方
①卵焼きを作る

直径20cmのフライパンにごま油を弱めの中火で熱して卵液を流し入れ、弱火にして焼く。こんがりと色づいたら上下を返し、さっと焼いて取り出す。粗熱を取り、細切りにする。

POINT
わざわざ面倒な卵焼きを作らなくても、小さいフライパンに一気に流し入れ、厚めに焼くだけでOK

②牛肉を炒める

別のフライパンを中火で熱し、牛肉を入れてほぐしながら炒める。

POINT
牛肉は火を通してもかたくならずに柔らかい、薄切りやこま切れを使うと◎。加熱時は、汁けを飛ばすように炒めて。

③具材を巻く

奥側に余白を残して具材をのせると、はみ出さない

巻きすにのり1枚を横長にのせ、ごはんの1/3量を手前にのせて、奥側を3cmほど残して薄く広げる。

きゅうり、にんじんを1/3量ずつ横長にのせ、指で具材をおさえながら巻きすを手前から持ち上げ、一気に巻く。3cmほど残したのりに水少々を薄くぬってくっつけ、巻き終わりを下にして置く。残りも同様に作り、食べやすい大きさに切って器に盛り、白ごまをふる。

POINT
手前側は巻くときに持ち上げるので、ポロポロとくずれやすい具材は奥側にのせると巻きやすい。

素材ひとつの副菜
「小松菜のスープ」

ごま油、にんにくで小松菜を炒め、うま味アップ。シンプルな味わいが、具だくさんキンパとよく合う!

材料(2人分)

小松菜‥‥100g
にんにくのみじん切り‥‥小さじ1/3
ごま油‥‥大さじ1/2

A
水‥‥2カップ
顆粒鶏がらスープの素‥‥小さじ1/2
塩‥‥小さじ1/3
こしょう‥‥少々

作り方

① 小松菜は長さ3cmに切る。

② 鍋にごま油、にんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったらを加えて中火にし、12分炒める。

Aを加えて煮立ってきたら、塩、こしょうをふって混ぜる。ふたをして弱火にし、56分煮る。

教えてくれたのは、大庭英子先生
料理研究家。手軽で美味しい家庭料理の名手。ゴッドハンドを持っているとまことしやかに言われている。近著は『家の和食はシンプルでいい』(学研プラス刊)。

cooking
EIKO OHBA / photographKEIICHIRO MURAGUCHI / stylingMARIKO NAKAZATO / textHIROKO NAKADA

Pickup

Weekly ranking