LIFESTYLE

WED.03.02
2022

新米編集Oのおやつ買い出し日記
vol.8
「成城石井」のアメリカンクッキー

32日のおやつ
成城石井「アメリカンクッキー」

ゴリゴリに甘いクッキーが食べたいときは、成城石井のアメリカンクッキーを選びます。

ガリっとした固めの食感に、ジュワっとしみ込んだバター。食べ進める度にぶつかるゴロゴロ入った大粒のチョコレート。冷たいミルクを片手に、ジャンキーな甘さをまろやかに打ち消しながら食べ進めるのがもう最高。

サクサクほろほろで粉砂糖をまとった繊細なクッキーとは正反対ですが、これもまたひとつのカルチャー。どっちが正解なんてありません!

私、このクッキーを食べると思い出すのが映画『ホームアローン』なんです。主人公のケビンが留守番中にファミリーサイズのアイスを抱えてカウチに座り、大量のお菓子と一緒に頬張りながら映画を観る。なんてことない序盤のシーンが大好きなのですが、そのときの空気感がふと脳裏によぎります。ケビンが留守番中に叶えた小さな野望のようなワクワク、背徳感あってこその幸福感を味わえます。

アメリカンなクッキーといってもこちら、攻撃的なジャンキーさはなく、バターの風味が口いっぱいに広がる贅沢な味。そして数多のクッキーの中でも群を抜くガリガリ食感。噛み応えに加えて、なによりもサイズが大きいので1枚で食べ応え抜群(ついでに背徳感も)

たまにどうしようもなく食べたくなるこんな味。アメリカの少年のような気分を味わいたいときに是非。脳裏に異国のキッチンの情景が浮かぶカルチャーの詰まったおやつです。

クッキーって、ひとまとめにできないほど食感や風味が幅広いおやつだなとしみじみ。探求心をより刺激されました。

プレーン、チョコチップ、レーズン、マカダミアの4種類。アソートセットでも発売しているそうです。お近くの店舗で是非どうぞ!

オンラインショップはこちら

otona MUSE O

Pickup

Weekly ranking