LIFESTYLE

TUE.04.05
2022

【ミューズレシピ】
甘いのだけじゃ満足できない!?
我がままを叶えてくれる
大人のフレンチトースト

甘党にとっては、夢の朝食♡フレンチトースト。フワカリの甘いパン生地に、さらにシロップをかけて食べる背徳の味は、たまらないものですが……しょっぱいと甘いの無限ループができるとなったら……。もう、どっちも選べない‼ というわけで、上手なフレンチトーストの焼き方のコツと共に、しょっぱい&甘いの新しい食べ方提案レシピもご紹介しちゃいます。

目玉焼き乗せ!
塩フレンチトースト

目玉焼きを乗せて、卵をダブル使い! カリカリに焼いたベーコンとメープルシロップがヤミツキに。

材料(2人分)

A
卵…2
牛乳…1/2カップ(100㎖)
塩…小さじ1/4

食パン(6枚切り)…2

バター…1520g
ベーコン(スライスタイプ)…4
目玉焼き…2
塩、粗びき黒こしょう、
メープルシロップ…各適量


作り方

①ボウルにAを入れ、泡立て器でよく溶き混ぜる。保存袋に食パン、Aを入れて口を閉じ、23回上下を返しながら冷蔵室で20分以上おく。

②フライパンにバターの1/2量を中火で熱して溶かし、❶を1枚入れて130秒ほど焼く。上下を返してふたをし、弱火にしてこんがりと色づくまで2分ほど蒸し焼きにする。器に盛り、残りも同様に作る。

③フライパンを中火で熱し、ベーコンを入れてカリカリになるまでしっかりと焼く。❷に目玉焼きと一緒にのせ、塩、黒こしょうをふってメープルシロップをかける。

休日のブランチにはもちろん、これからの季節キャンプにもオススメのメニューです!

POINT
保存袋を使用すると、卵液をムダにせず、食パンに効率よくしみ込ませることができますよ。

POINT
焼くときは片面をカリッと香ばしく焼いてから蒸し焼きにすると、中がふっくら、しっとりと仕上がります。

cooking:KIYOMI KOBORI
photograph:YUMIKO MIYAHAMA
styling&text:HIROKO NAKADA

otona MUSE K

Pickup

Weekly ranking