LIFESTYLE

TUE.04.26
2022

フィンランドサウナで自然と一体に。
1
3組限定の宿〈ume,yamazoe
オーナーの梅守さんにインタビュー

Velnica.デザイナーの小林加奈さんが、未来に繋ぎたい日本のクリエイティブに注目し、今活躍するクリエイターたちを紹介する「Lady Holistic」。

今回ご紹介するのは、
ume.yamazoe
オーナー梅守志歩さん

大自然に囲まれた奈良県の山添村。ここに築100年以上の古民家をリノベーションして建てられた、13組限定の宿〈ume,yamazoe〉があります。そこは訪れた誰もが「幻想的なこの景色を独り占めできるなんて……」と酔いしれる空間。

日本に数件しかない本格的なフィンランド式のサウナが併設されていて、地元の方たちが届けてくれる季節の野菜を使った料理に感動し、そしてなにより、女主人である梅守志歩さんにもう一度会いたくて仕方がなくなる場所。「どんな人もそのままの状態で満たされて、心が優しくなれる価値観を共有したかったんです」と語る梅守さん。オープンから2年弱で、あっという間に予約が取りにくい宿となったストーリーと“これから”を伺いました。

性別や年齢、国籍、そして障がい。
全てを超えてフラットでいられる場所

「私は4人姉妹なんですが、20代のときに姉や妹に障がいや病気が降りかかり、看病やケアを通して、いつ人生がどうなるか分からないという思いや現場のどうにもならない憤りを感じた経験があって。そんな中、全ての方がフラットな状態で世界を見ることができる環境が増えてほしい、と思ったのがこの宿を始める原点になっています。

経営についてキャリアもない上、近隣の方との調整もあり、建築が完成するまでには2年半もの時間がかかりました。私が唯一上手にできたな、と思うのは何もないところから仲間を作ること! それは地元のおじいいちゃん、おばあちゃん、設計士やサウナのパイオニアの方たちと強い信頼を持って繋がっていけたこと。オープンして2年が経ち、多くのお客様にこの村や宿を好きになっていただくようになって、去年の終わりに、本当に私たちがやりたかったことに立ち返ったんです。

出た答えは、月1回ですが、障がいや病気があるご家族を無料でご招待すること。迎える側の人間が思いを共有できたり、何に困っているか? を想像できて包み込めるのは、私だからこそできること。いわゆる施設としてバリアフリーなわけでもなく、それこそ丘の上まで段差なんてたくさんあるけど、もちろん運ばせてもらいます!という“心のバリアフリー”を感じてもらいたいなと。健常者の方にも、気を遣わずに余暇を楽しめる選択肢があることを目指して前に進んでいきたいと思っています」

日本にまだ数少ないアウトドアフィンランド式サウナ。その質のよさは〈サウナミシュラン2020〉にも選ばれたほど。薪の香りを楽しみながら心地よく汗をかいた後は、水風呂や透き通った空気の中での外気浴が自然と一体化するのを実感!

地元の旬の野菜を使った料理や、オーナーのご両親が営む〈梅守本店〉の手鞠寿しなど和食中心のコース料理は、どれもため息が漏れる美味しさ。豊富な品数の朝食御膳も人気。

お土産にオススメの奈良県さんの〈和紅茶〉。

宿は集落の頂上にある村長さんの家を受け継ぎ、改装してできた3室だけの特別な空間。

ゆったりとした部屋からは満天の星や雲海が見られる日も!

天井の高いダイニングルームの「コ」の字型のカウンターは、人々が集い食を通して共有できる場所。

オーナー 梅守志歩/1988年生まれ。2020年に宿〈ume.yanazoe〉をオープン。

ume,yamazoe
住所:奈良県山辺群山添村片平452
電話:0743-89-1875
料金:1日限定3室(各部屋2名・8名・8名まで)、12食付き¥29,500

ume,yamazoe公式 Instagram

textKana KobayashiVelnica.
小林加奈。 Velnica.デザイナー。1975年生まれ。てんびん座。BRh-。著書『リトルアトリエ ヴェルニカ』が発売中。

Pickup

Weekly ranking