PEOPLE

THU.08.04
2022

ヨンア/ファッションに全力投球
「仕事している時間が、
とにかく楽しくてすぐ仕事しちゃう」

オトナミューズが理想とする女性像を体現し、着こなしやメイク、ライフスタイルの目標となってくれる華やかなモデルの面々。今月は容姿のみならずパーソナリティも魅力的な7人のミューズを改めてご紹介します。編集部や周辺スタッフからの声も反映したキャッチフレーズを捧げつつ、注目している美容法やプライベートの動向などもアップデート。今月は「オトナミューズの撮影現場はいつも楽しい」と口を揃えてくれる7人が読者の皆様にだけシェアしてくれたリアルトークと、その愛らしさを存分にお楽しみください。ラスト七人目は、ヨンアさんです。

比留川 游/駄々漏れる色気

仕事している時間が、
とにかく楽しくてすぐ仕事しちゃう

まさに王道のコンサバ美人。173㎝の長身、腕も脚もスラリと長い理想のモデル体形、さらに言語の壁を感じさせない高いギャグセンスと底抜けに明るい性格。なにより、私たちと同じお買い物中毒! 長所はまだまだありますが、ディレクターを務めるアパレル事業への取り組みがガチ過ぎる点について改めてお伝えしたいのです。このお方、この撮影のメイク中もずっと仕事してますから!

「もちろん一番大切にしたいのは家族や子どもと過ごす時間で、本当はそれだけに集中したいくらい。だけどコエルは自分で作ったブランドで服作りの最初から全部に関わっているし、何よりファッションが好きなの。だから楽しいの。撮影が終わった後お店(コエルカフェ)に行けば、来てくれたお客さんに会えて、服を選んで着てくれる姿を見ると、もっと頑張ろうって思う。ナリンも自分がジュエリーが好きで作ったブランドだから、この先もずっとずっと続けていきたいと思ってる。仕事をしている時間が、とにかく楽しいの。生きている実感も感じるし、可愛い服やジュエリーのことを考えるのが幸せなの。喜んでくれるお客さんの顔とか、一緒に頑張ってくれるコエルのスタッフチームのことをすぐ考えちゃうから、すぐこうして仕事をしちゃうんです(笑)」
 
18
歳で来日し、モデルの先輩や専属雑誌のスタッフに育てられファッションの楽しさを知ったというヨンアさん。「米倉さんとか美香ちゃんとか、大好きな先輩たちのおかげでこんなにファッションを好きになれたんです。お洋服は……買っちゃうね。引っ越して服を半分にしたのに、もう元通り。毎日可愛いもの持ちたいじゃん。ファッションが好きじゃない女のコなんている?」いませーん! 仕事に育児にお買い物に、いつだって全力のヨンアさんのことがみんな好きなのと同じように!

お店やネットで素敵な服やバッグを見ていると気分が上がる。まさに、ファッションが生き甲斐! VETEMENTSのシャツ、OFF-WHITEのスカート、BALENCIAGAのバッグ、PRADAのサンダル、narin.のリングはヨンアさん私物

ヨンアさんの仕事の様子を覗き見♡

COELは出産してシンガポールに住んでいたころ、ファッションがやっぱり好きだと思ってアウターのブランドを作ろうと思って始めたのがきっかけ。

シーズンテーマの提案から、こんな服があったらいいなって、アイデアを出して資料を集めてデザイナーと相談して……最初から全てに関わっています。

COEL cafeや東京以外の都市で開催するPOP UP STOREでも積極的にお店に立って、お客さんとお話するのも楽しい!

narin.は毎シーズン新作を発表するスタイルを取らず、ゆっくり続けています。大きなピンクのモルガナイトのシリーズは辛口な服の日にも女性らしさをプラスできるって、人気です。

COEL cafe(東京都港区南青山5丁目4-27)は南青山の骨董通り沿いで、COELnarin.も見てもらえて、カフェメニューも充実。気になって時間があればつい見に行っちゃうの。

COELのカタログ撮影。撮影のコンセプトもスタッフと一緒に考えて、モデルもやります。もの作りは大変だけど楽しい。

ヨンアさんInstagram

いかがでしたか? 容姿のみならずパーソナリティも魅力的な7人のミューズモデルたちの今後の活躍にも注目です!

photograph:SHOHEI KANAYA / hair & make-up:KYOHEI SASAMOTO[ilumini.] / model, styling:YOUN-A

otonaMUSE 2022
8月号より

Pickup

Weekly ranking