PEOPLE

SAT.01.14
2023

マリリン・モンロー、川久保 etc. ブレない自分を貫く、“あの人”のトレードマーク vol.2

マリリン・モンロー

黒柳徹子さんの玉ねぎヘア、マリリン・モンローのブロンドとつけボクロなど、誰もがすぐにイメージできる彼らのトレードマーク。好きで選んでいるとか仕事のためだとか、理由はそれぞれあるけれど、ブレずに貫くその姿はやっぱり素敵! ここでは古今東西の「自分を貫く人」について編集部でピックアップしてみました。

オードリー・ヘプバーン、黒柳徹子etc. ブレない自分を貫く、“あの人”のトレードマーク vol.1

アイリス・アプフェル

アイリス・アプフェル

プロフィール_アメリカ出身のインテリアデザイナー、実業家、ファッションアイコン。結婚を機に、テキスタイル会社を設立。

心を奪われる大胆な盛りファッションで世界一有名になったグランマ。大胆なカラー使いやジュエリーはもちろん、大きな黒縁の丸眼鏡にシルバーヘアも彼女のスタイルには欠かせない。

「いつ見てもハッピーオーラが溢れ出しているアイリス。御年101歳の現在も更新しているInstagramも必見です!」(編集S

川久保

川久保 玲

プロフィール_ファッションデザイナー、実業家。「コム・デ・ギャルソン」創始者。

1982年のパリコレで黒服を発表し「黒の衝撃」と、モード界を震撼させたコム・デ・ギャルソン。ブランド同様、枠にとらわれないオールブラックスタイルに彼女の哲学を感じる。

「自分を鼓舞したいときに着るのがギャルソンの服。川久保さんの作り出す黒のアイテムは、私にとっての戦闘服かも」(編集I
Iさんの着る黒、いつも素敵」(編集S

カーディ・B

カーディ・B

プロフィール_アメリカ出身のヒップホップミュージシャン。2児の母。

10歳のころから長いつけ爪を愛用。パフォーマンスの度にそのド派手なネイルデザインが話題に。子どもが生まれてからは先の尖ったものからスクエアフォルムに変更したそう。

林家ぺー・パー子

林家ぺー・パー子

プロフィール_全身鮮やかなピンク色の服を纏い、カメラを携えた姿が特徴的な林家ペーと林家パー子夫妻。

もともとピンク色の洋服を好んで着用していたパー子につられ、結婚後ペーもピンクの洋服を着るように。ペーは芸能人やアニメキャラの誕生日を覚えているなど、驚異的な記憶力も有名。

「ペー・パー子夫妻を見ているとピンクを着たくなるのは私だけ? 全身ピンクでお会いしに行ったら、私の誕生日も覚えてくれるかしら」(編集H
「先輩、ピンクの服って持っていましたっけ?」(編集S

マリリン・モンロー

マリリン・モンロー

プロフィール_1926-1962年。アメリカ出身の女優。代表作に『七年目の浮気』など。

ブロンドヘアにセクシーなつけボクロ、その美貌でセックスシンボルとして世の男性を魅了。実は元祖インフルエンサーと呼ばれるほど、自己プロデュース力に長けていたとか。

タモリ

タモリ

プロフィール_ビートたけし、明石家さんまと共に日本のお笑いBIG3といわれるお笑いタレント、司会者。

プロデューサーなどから、顔にインパクトがないと言われ、サングラスをかけるように。若手のころには、先輩芸人の前でもサングラスをかけていることに説教されながらも、自身のポリシーを貫く。

エリザベス2

エリザベス2世

プロフィール_1926-2022年。君主の中で世界最高年齢、在位期間は歴代最長を記録。

帽子からコートまで、常に同じトーンのカラーで統一された装いのエリザベス2世。在位中ずっと変わらなかったこのスタイルは、国民からアイコン的存在として愛されていた。

「こう見るとビビッドなカラーもたくさんお召しになっていたのね! ブライトカラーでも仕立てがよいから上品に見えるね」(編集S
「小物使いも素敵♡」(編集H

いかがでしたか? 次回の個性溢れる“あの人”たちもお楽しみに!

photograph: Aflo, Getty Images

otonaMUSE 2023
2月号より

Pickup

Weekly ranking