CULTURE

THU.05.18
2023

よしひろさん、「昨日なに観た?」
『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー

ちょっとした時間があるとき、未見の映画やドラマに手を出したいんだけど、分かんないから好きなのを繰り返し観ちゃう……という方。映画ライターよしひろまさみちが実際に観て偏愛する作品を、本音でおすすめしますよ〜。

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー

監督:アーロン・ホーバス、 マイケル・イェレニック/声の出演:クリス・プラット、アニャ・テイラー=ジョイ、ジャックブラック、セス・ローゲン ほか/配給:東宝東和/公開:現在、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー中 ©2023 Nintendo and Universal Studios

★ゲームを知らなくても可愛いもん好きな方へ★

 

 スーパーマリオ、知らない人はいないわよねー(笑)。とはいえ、ファミコン世代のあたしからすると、世代によって親しんできたものが違うことに驚愕。スーパーファミコンからとか、「マリオカート」から、とか(ぶっちゃけあたしはスーパーがついていない「マリオブラザーズ」なんだけど……)。でも、そんな細かいことはお構いなし。大ヒット中の『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』は、全方位カバーしているうえに、可愛いもん好きにはたまらんのでおかわり鑑賞。

 

これ、なにがいいかって、あたしのようにいにしえ世代からしても入り込める設定とストーリー。「ドンキーコングと夢のタッグ!」とか「クッパが極悪じゃない!」とか、「そもそもマリオとルイージがニューヨーカーだったの!?」とか。元のゲームを完全スルーした設定にしてることによって、どんなマリオファンも関係なく熱くなれるのよ〜。おまけに『ミニオンズ』を生み出したアニメーション・スタジオ、イルミネーションが制作しているだけに、とにかく可愛い。ひたすら可愛い。特に可愛いのはマリオとルイージ。キャラが可愛いのはもちろんなんだけど、めんこい兄弟愛をひたすら追求してるの。そこにハマってしまって、思わず2回くらいウルっときたもんだからびっくりしちゃったわよー。ぜひ字幕版と吹替版、両方観てね。どっちもヨキよ。

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー

ピーチ姫が治めるキノコ国で、どちゃくそ鍛えられたマリオ。いざ、ルイージ救出へ!

よしひろまさみち
オトナミューズのカルチャーページ編集担当&映画ライター。おバカなコメディからおマジメ社会派まで幅広くカバー。ほんとにおもろいもんしか紹介しません。

Pickup

Weekly ranking