CULTURE

MON.01.10
2022

ガガ様出演最新ムービーは
超豪華な昼ドラです(褒めてます♡)

『ハウス・オブ・グッチ』出演
レディー・ガガ インタビュー

原作本があるとはいえ、ここまでやって大丈夫なの!? というほどはっちゃけた愛憎メロドラマ『ハウス・オブ・グッチ』。皆さんご存知のGUCCIの創業家、グッチ一族のお家騒動を描いた作品です。御曹司で3代目社長のマウリツィオが、妻のパトリツィアの陰謀で暗殺された、っていう事件を、一族の跡継ぎ問題とともに描いています。その毒嫁パトリツィアを演じたのがガガ様。

Lady Gaga 1986328日、NY生まれ。アーティストとして大成功を収め、俳優としても活躍。初主演作『アリー スター誕生』(2018)ではアカデミー賞主題歌賞を受賞。

「彼女については長い時間をかけて資料を読み漁ったし、インタビュー映像を見たわ。ただ、自分なりのキャラクターを創っていきたかったので、彼女についての見解があまりにも色濃い読み物を読んだり、映像を見たりすることは避けたの。実在の人物だし、数々のインタビューでよくウソをつく人でもあるので、自分がよりジャーナリストのようであるべきだという点が大切だった。マウリツィオに殺意を抱く以前のパトリツィアは本当はどんな人物だったのかということをね」

パトリツィアと彼は熱愛の後に、グッチ家の反対を押し切って結婚。初めは超ラブラブのうえ、なにげにお仕事テキパキのデキる女性だった、という設定。

それを表現するのは、ガガ様が「衣装担当と共に目指したのは、パトリツィアが決してグッチ一族のように煌びやかに見えないようにするということだった。ファッションに物をいわせるというのは嫌だったの」

というとおり、予想以上に地味めの衣装。彼女ってどんな人だったの?

「パトリツィアにとってグッチとは、生き延びる術だったのだと思うわ。それまでの人生を通して自分を重要な人物に感じたことは一度もなかった彼女が、重要になる機会だったのだと思う。彼女が価値のある人物になり、会社の半分を相続するために注力するマウリツィオに対してアドバイスを与えることができると思ったの。彼女は強さを通して、愛する者のためならなんでもするような妻としての魅力を発揮するのだと思うわ」


story
GUCCI
創業家の御曹司マウリツィオ(A・ドライバー)はパトリツィア(L・ガガ)と恋に落ち、周囲の反対を押し切って結婚。さまざまな問題を抱えたグッチ一族は内紛状態で、マウリツィオの心は次第にパトリツィアから離れていく。

監督:リドリー・スコット/出演:レディー・ガガ、アダム・ドライバー、ジャレッド・レト、アル・パチーノ ほか/配給:東宝東和/公開:2022114日より、TOHOシネマズ 日比谷全国ロードショー ©︎2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『HOUSE OF GUCCI』公式サイト

textMasamichi Yoshihiro

Pickup

Weekly ranking