FASHION

THU.09.15
2022

センスの秘密が見つかるかも!? 人気スタイリスト3人のバッグとその中身。

どうしてこんなに人のバッグの中身が気になるのか!? それは各々の個性や趣味が垣間見えたり、意外な一面を知ることができるからではないでしょうか。ということで、ミューズな方々の持ちものを、根掘り葉掘り取材させてもらいました。今日はミューズでもおなじみのスタイリスト編です。

スタイリスト 安西こずえさん
HER BAG IS...
▶︎CHROME HEARTS

ハードなバッグの中はこずえワンダーランドが炸裂!
「甘くてコンサバな格好にハードな小物を合わせるのが好き」というコズさん。アメリカから取り寄せたバッグの中には気になるものがいっぱい!

CHROME HEARTSのバッグは安西さん私物

bitplayとコラボして作ったiPhoneケースとストラップ(http://superkopek.jp/)。「ブラックのケースにヒョウ柄がコズっぽいでしょ? 付属のオリジナルステッカーで自由にデコってOK♡」 ❷チェックが可愛いフェンディの小物入れ。❸ラドローのハンバーガーポーチには、エルメスのリップやバイレードの香水などパンパンにコスメを収納。❹手帳とペン。「サンリオ大好きなんだから。アンパンマンの消せるボールペンを探すのも大変だったのよ」とのこと。❺名刺入れにしているクロムハーツのケース。❻持ち歩いているシャネルのボディミルクミスト。「日焼けしたのもあって肌がカッサカサで。これで水分補給してる〜。香りも好き!」❼細々としたものを入れているクロムハーツのファーポーチ。中にはシャネルのネイルオイルに、ヘアクリップ、ハンギョドンの絆創膏、AirPodsなど。❽エルメスのキーホルダーを付けた鍵。❾「バッグインバッグとして使ってるクロムハーツのミニバッグは、リースに行くときとか、荷物を全部持って行く必要がないときに便利」お母様が集めていらっしゃったというエルメスのフルーツシリーズ。「コインケースなんだけど、キャッチーで可愛いよね」お財布ももちろんクロムハーツ。「とことん突き抜けていかないと(笑)。人と違うものが好きです♡」

スタイリスト 加藤かすみさん
HER BAG IS...
▶︎JIL SANDER

仕事のときに大活躍! 形が可愛い&大容量のバッグ
この形が出始めたころに購入。日本では買えず、海外のサイトで探してゲットしたもの。資料など入れるものが多く、仕事となると出番が多い。

JIL SANDERのバッグは加藤さん私物

❶ロケやリースのときに活躍しているというロエベのゲートポケット。「iPhoneと名刺だけ入れて。両手もあくし便利!」 ❷手帳はこのサイズのクオバディスをひたすらリピート。マンスリーに大まかな予定を書き、ウィークリーにタイムスケジュールを記入。❸名刺入れはエルメス。❹気分転換にもなるイソップの香水・マラケッシュ インテンス パルファムと、疲れたときに欠かせないCBD RESCUEのロールオンオイル。「香りは大事。オイルはこめかみや首、肩にグリグリと。夕方に自分を奮い立たせるのに必要(笑)」❺セルヴォークのリッププライマーは唇の乾燥対策に。❻ちょうどいいサイズ感が気に入っているボッテガ・ヴェネタの二つ折り財布。❼エルメスの時計。「せっかちなのでいつも時間が気になるんです」❽セリーヌのサングラス。❾アニヤ・ハインドマーチのおちゃめなポーチには衛生グッズなどを。「ポーチはずっとアニヤのものを使っています」

スタイリスト 金子 綾さん
HER BAG IS...
▶︎THE ROW

バッグもバッグの中身もやっぱり黒が好き
最近買ったというマルゴー。大きくてマチがあり、一泊旅行にも。スエードなのでカーフレザーよりは軽いし、あえて夏に持ちたいバッグ。

THE ROWのバッグは金子さん私物

❶グラッサージュとコラボしたサングラスとケース。❷ルイ・ヴィトンのミニポーチには必要最低限の衛生グッズなどを入れて。「ウェットシートとポケムヒは必須。あとはシャネルのネイルオイルとカッサを。カッサは移動中なんかにこれで首とか肩のコリをほぐしています」。他にはメガネ&サングラスクリーナーとモアリップもIN。❸「長く使えるシンプルなものが欲しかった」。探した結果、このエルメスの名刺入れに。❹iPhoneは黒のシリコンケースに、これから発売になるクードルのストラップを。❺「財布はマメに買い替えたほうがいいと聞いて、手ごろな金額のこちらに」。コム・デ・ギャルソンの財布はこれで三代目。中にはお守りと絆創膏も。❻「もう何年も使っている」エルメスの手帳は毎年レフィルを替えて愛用。消えるボールペンと共に持ち歩き、メモやスケジュールの管理を。仕事の資料などを挟み、PLAZAの袋入りゴムで留めている。

いかがでしたか? 次回はおしゃれ業界人のバッグの中身をご紹介します♡

photograph:MAYA KAJITA[e7]

otonaMUSE 2022
10月号より

Pickup

Weekly ranking